基礎代謝について

ジョギング

基礎代謝の内容について

基礎代謝とは生命活動を維持するために毎日自動的に行われている活動に使うエネルギーの事を言います。
具体的な例を挙げると筋肉等を動かす、体温を維持する等があり1日に使うエネルギーで最も多くを占めます。1日に基礎代謝で消費されるエネルギー量は成人女性で1200カロリー、成人男性で1500カロリー程度になると言われています。 この基礎代謝は本人が運動等をしていなくても自然と消費されるエネルギーだという事が一番の特徴です。
つまりこの代謝で消費されるエネルギー量をあげる事が出来れば、効率的にダイエットを行なう事が可能になるとも言えます。 そのため現在はこの基礎代謝をあげるための様々なアプローチ方法が考えられていて多くの人から高い注目を集めています。

活発化させる方法について

効率的なダイエットにも役立つ基礎代謝ですが、あげるための方法には実に様々なものがあります。
代表的なものとしては筋肉を鍛えて増やすというものがあるのですが、これは筋肉が消費するエネルギー量と関係が深いです。 基礎代謝で消費するエネルギーの中で最も多いのが筋肉なので、この量を増やす事で基礎代謝をあげる事が可能と言えます。
逆に脂肪が多い体はエネルギーを消費しにくい体なので脂肪を燃焼させて筋肉を付ける事がとても大切になります。 筋肉を増やすには運動で鍛える事が大切なのですが、その時に筋肉を増やすのを助ける成分を摂取すると効果的です。
筋肉を増やす効果のある成分としては、プロテインが有名ですがそれ以外にもクレアチン等も効果を期待する事が出来ます。

痩せやすい体に

体重計に乗る人

筋肉運動の取り組み

基礎代謝をあげるためにまず効果のあるのが筋肉運動であります。腕立て伏せや腹筋背筋など筋肉運動を行うことで基礎代謝をあげることが出来ます。全身にある筋肉は年齢と共に衰えていき筋肉が衰えると体温が下がってしまい、基礎代謝も下がってしまいます。
近年では体温が36℃にも満たない低体温症の方が多くなっていると言われていますが、これも昔に比べて外に出て遊んだり運動することが減って来ていることが原因と言われています。このように筋肉運動をしていかないとどんどん筋肉は衰え、基礎代謝が下がり低体温症などの症状を発症してしまいます。これを防ぐためにも筋肉運動をして基礎代謝をあげることが大切です。

必要な栄養素

中々筋肉運動が出来ない方にはストレッチを行うだけでも筋肉を付けることが可能で基礎代謝もあげることが出来ます。そして少しだけでも毎日続けることが大切です。
また基礎代謝をあげる食べ物には亜鉛が多く含まれています食べ物がお勧め出来ます。亜鉛は身体の免疫力を高める働きがあり、免疫力が高まることで基礎代謝をあげることが出来ます。ただ亜鉛が含まれている食べ物は限りがありますので、サプリメントで補う必要があります。以上のように基礎代謝をあげるためには、筋肉運動と亜鉛を含んだ食事やサプリメントを摂ることが大切です。

おすすめの記事