平日のちょっと贅沢なライフスタイルマガジン Daily Premium Calendar

温海で寄り道 Chitto Motche 前編

日本で唯一、全市町村に温泉が湧く山形県。
新潟との県境からほど近い鶴岡市のあつみ温泉は、1,000年以上という長い歴史を持つ温泉地だ。
旅館や商店が川に沿うようにして並ぶその温泉街に、足湯カフェ「Chitto Motche(チット・モッシェ)」はある。

落ち着いた色づかいのせいか、ペンションのような外観は古くからの温泉街にも不思議と馴染んでいる。
入口から広がるウッドデッキでは、ゆったり足湯につかりながら飲んだり食べたりを楽しむことができ、天気のいい休日にはビールやワインを楽しむ人たちで大賑わいだという。

「仕事帰りに足湯で読書を楽しまれるお客さまも多いですね。
温泉よりもお手軽なので、平日のリフレッシュにはちょうどいいのかもしれません。
休日も平日も足湯目当てに来られるお客さまが多いので、天候を気にせず楽しんでもらえるようベンチコートや敷物など貸出用の防寒グッズも準備しています」(チーフ 榎本さん)

メインの居室には、大きな座敷席が3つ。手前に見えている囲炉裏には、冬になると火が入る。

メインの居室には、大きな座敷席が3つ。手前に見えている囲炉裏には、冬になると火が入る。

和柄がきれいな格子戸が出迎える、ギャラリーメインの左手居室。

和柄がきれいな格子戸が出迎える、ギャラリーメインの左手居室。

左手の居室で、ゆったりと会話を楽しむカップル。

左手の居室で、ゆったりと会話を楽しむカップル。

温海で寄り道 Chitto Motche 前編

大きく2つの部屋に分かれる店内は、右手がメインの居室。
ソファー席、テーブル席、座敷席と、さまざまなスタイルでくつろぐことができる。

左手はギャラリーがメインの居室。
席数が少ないので、よりゆったりとした時間を過ごしたい方にはこちらがおすすめ。

友人たちとのおしゃべりや恋人との大切な時間だけでなく、仕事帰りの息抜きにもゆったりとした温かさをプラスしてくれる。
それが足湯カフェChitto Motcheの魅力だ。

Shop information

店名:Chitto Motche(http://chitto.exblog.jp/

住所:〒999-7204 山形県鶴岡市湯温海甲170

TEL:0235-43-4390

営業時間:10:00〜18:30(第三木曜定休。祝祭日の場合は営業)

photo_tsubasa abe
text_takuya kudo