平日のちょっと贅沢なライフスタイルマガジン Daily Premium Calendar

77色のグラデーションから 自分好みの「1本」を選ぶ喜び カスタマイズ傘の販売店「Tokyo noble」前編

急に雨が降っても、コンビニですぐにビニール傘が手に入る時代。安価なので気軽に使い捨てもできてしまう。だからこそ、お気に入りの傘を持つと格別な気分になるはず。

雨の憂うつな気分を晴れやかにする特別な傘を選ぶなら、東京・御徒町駅南口から徒歩3分の「Tokyo noble」がぴったり。

8.5坪ほどの小さな店内に色とりどりの傘が並ぶ「Tokyo noble」は、自社ブランドの傘を販売する傘専門店。色、持ち手、房(タッセル)、丈の長さなど、自分好みにカスタマイズが可能なところが売りだ。色揃えが豊富で、見事なグラデーションに圧倒されてしまう。

カラー展開はなんと77色。ピンク系だけでも、「ベビーピンク」「サクラ」「トロピカルピンク」「アプリコット」など、微妙な好みに応えてくれる。「ミント」「ライラック」「スカイブルー」など、傘としてはめずらしい明るい色を揃えているのがうれしい。さらに、ストライプやドットなど柄があしらわれたタイプもある。

「通常、ブランドが販売する傘のカラー展開は4色程度で、黒などの濃い色が中心です。Tokyo nobleでは、他で手に入らない明るい色の傘、特に白系が人気です」(店長・市瀬さん)

サイズやカスタムの種類は関係なく、無地が6,480円、プリント柄が7,560円

サイズやカスタムの種類は関係なく、無地が6,480円、プリント柄が7,560円

柄の色と長さ、房(タッセル)の種類も豊富。カスタムの楽しさが広がる

柄の色と長さ、房(タッセル)の種類も豊富。カスタムの楽しさが広がる

同じショートタイプの傘だが、柄の長さが変わるだけでこんなに印象が変わる

同じショートタイプの傘だが、柄の長さが変わるだけでこんなに印象が変わる

77色のグラデーションから 自分好みの「1本」を選ぶ喜び カスタマイズ傘の販売店「Tokyo noble」前編

メインの商品は、「スマートブレラ」と呼ばれる細身の傘。ロングタイプは親骨の長さが60cmで、スマートなシルエットながらも広げてみると大きな存在感がある。ショートタイプは親骨の長さが50cm。たった10cmの違いと侮るなかれ、このサイズになると女性の体にぴたっと馴染んで、持ち運びも邪魔にならない。

さらに、柄の長さも自由に変えられるため、例えばショートタイプに短い柄を合わせればさらにコンパクトになり、長い柄を合わせればまるで絵本に出てくるようなロマンチックな印象にもなる。色や持ち手によって、男性用の傘も注文できる。

傘の注文方法は、「傘布」「持ち手」「房(タッセル)」「親骨の長さ」を選ぶ。この組み合わせを変えるだけで、他の誰とも違う自分だけの傘ができあがるのだ。

従業員は販売だけでなく職人も兼任するため、その場でカスタムができるのも魅力。約30~40分で完成する。

「お客様がカスタムのパターンを選ぶ際、1時間くらい、長い方で2時間くらいは悩まれます。一度じゃ決めきれなくて何度も足を運ぶ方、1本に絞りきれずに2本目、3本目を作られる方もいます」(店長・市瀬さん)

直接職人に相談しながらの商品選びなんて、まさに贅沢な時間。心をウキウキさせてくれる“悩みごと”をしに、ぜひ寄り道してみてはいかがだろうか。

Shop information

店名:Tokyo noble(東京ノーブル)(http://www.tokyo-noble.com/

住所:東京都台東区上野5-9-19 2K540 N-3

TEL:03-6803-2414

営業時間:11:00~19:00 ※季節により変動あり(定休日:水曜)

photo_tomoko tahara
text_ yui tanaka(pless labo)