平日のちょっと贅沢なライフスタイルマガジン Daily Premium Calendar

雑司ヶ谷で寄り道 キアズマ珈琲 後編

子授けの神である鬼子母神や、夏目漱石・小泉八雲ら著名人が多く眠る霊園に見守られる街・雑司ヶ谷。鬼子母神へ向かう参道の入り口近く、秋の気配を感じさせる大きなケヤキに囲まれた古い民家の一室に、「キアズマ珈琲」というちょっと変わった名前のコーヒー店がある。

オーナーの店作りのこだわりは、家具や食器にまで宿る。

「食器はヨーロッパや北欧のビンテージのものがほとんどで、柄や形はお客さんを見て雰囲気で選んでいます。お客さんが"かわいい"と喜んでくださる姿を、カウンターの中からこっそり嬉しがっているんです」(オーナー高安さん)

木製のイスやテーブルも独特のぬくもりと味わいがあるものばかり。
1階で使われているイスのなかには、オーナーが祖父から譲り受けたアンティークもあるという。

「祖父は僕がまだ小学生の頃に、高円寺で喫茶店をやっていて、このイスはその頃に使っていたものなんです。中学生になった時にはすでに店じまいしてしまったのですが、今度は父が時々油を塗って手入れを続けてくれていました。
そして3年前、ここをオープンすると決まったときに、改めて譲ってくれたものなんです」

鬼子母神を祀る本堂。境内には木がたくさんあり静か

鬼子母神を祀る本堂。境内には木がたくさんあり静か

芳醇な香りだけれど重くないキアズマブレンド(450円)

芳醇な香りだけれど重くないキアズマブレンド(450円)

オーナーが受け継いだアンティークのイス。こじんまりしていて可愛らしい

オーナーが受け継いだアンティークのイス。こじんまりしていて可愛らしい

雑司ヶ谷で寄り道 キアズマ珈琲 後編

美味しいコーヒーで一息ついたら、店の目の前のケヤキ並木を抜けた先にある、鬼子母神を祀った法明寺の境内までお散歩してみるのもおすすめだ。

真っ赤な鳥居に囲まれた樹齢約700年とも言われる大公孫樹(おおいちょう)は、畏怖を感じさせるような佇まい。色づいた葉を見上げながら、その迫力に目を見張ることだろう。

美麗な鬼子母尊神が祀られる本殿や、妙見堂、金剛不動尊を安置した法不動(のりふどう)堂、帝釈天王の石像などを見て回ったら、名物のおせん団子を出すお茶屋で一服したり、駄菓子屋を覗いてみてもおもしろい。

「雑司ヶ谷は、人と人のつながりがとても強い街だと感じます。
先ほどお話した祖父のイスですが、実は実際に使おうとしたところ
少し短くて困っていたら、近所の方が器用に継ぎ足してくださいました。

最近では、テーブルに飾る花を季節にあわせて持ってきてくださる常連さんもいて、本当にこの地域とお客さんに支えられているなと感じますね。

鬼子母神を訪ねたときには、ぜひ気軽にキアズマ珈琲で一息ついていただけたら。
おかまいできませんが、美味しい珈琲を淹れてお待ちしています」(高安さん)

秋風がひんやり感じるこの季節。
雑司ヶ谷のキアズマ珈琲なら、きっと心まで温まるひとときが過ごせるに違いない。

Shop information

店名:キアズマ珈琲

住所:〒171-0032 豊島区雑司が谷3-19-5

TEL:03-3984-2045

営業時間:10:30~19:00(水曜定休)

photo_hiroyuki sato
text_miwako matsuzaki
edit_yu koyanagi