平日のちょっと贅沢なライフスタイルマガジン Daily Premium Calendar

イラストレーター宮島亜希 前編

白いキャンバスとモノクロの繊細な線。そして、鮮やかな原色が美しいイラストを手がけている宮島亜希さん。作品作りはもちろん、アパレルブランドとのコラボや広告、ミュージシャンのアルバムジャケットなど、幅広く活躍している女性アーティストだ。

「幼い頃からかわいい女の子の絵を描くことが大好き。
今でも自分からイラストレーターと名乗ることにちょっと違和感を感じるくらい、あの頃の延長線上にいるような気分で描いています。

高校は美術科で油絵を専攻し、その後は京都のデザイン専門学校で勉強しました。でも、イラストレーターになりたいとか、デザイナーとして成功したいというよりは、もっとシンプルに、自分で何かを作ったり描いたりすることが好きでそれを続けたかったという気持ちが大きかったんです。

専門学校ではパソコンを使ったグラフィックデザインを学んでいたのですが、卒業後は“手描き欲”がムクムク湧いてきて、ペンを持つようになりました。自分らしさを表現するためには、やはり手描きでないとだめだと。手描きの線や色の滲みは、二度と同じものは出来ません。そこがアナログの面白さでもあるんですね」

余白とのバランスに徹底的にこだわります

そんな宮島さんに欠かせない仕事道具は、なんと“シャーペン”。どんなに大きな作品でも、色づけまではシャーペン一本で描くというから、驚きだ。

「墨だけを使う作品もありますが、基本はほとんどシャーペンです。モノクロ部分をシャーペンで描き進め、ある程度のところで交互に日本画用の絵の具で色をつけていきます。

モチーフでよく登場させるのは、まず女性。
そこに動物や植物、花などを絡ませるように配置していきます。
絵を描いているときはいわば無心状態なので、コンセプトに沿った動物にしようとかそういうことは、ほとんど考えていないんですよ。勝手に手が動くという感じで。

自分の絵に強い思いやメッセージを込めるというよりは、一枚の絵としてのビジュアルバランスにとことんこだわりますね。デザインの勉強をしていたこともあって、一枚のキャンバスに何をどう入れるか、余白とのバランスが私にとってはすごく重要で。

実際に手を動かしている時間よりも、余白を眺めてどう展開させるかを考えている時間の方が多いくらい。消すと跡が残ってしまうから、それが嫌でほとんど一発勝負で書き上げます」

徹底して計算された画角とバランス、そして咲き誇る花々や芽吹くグリーンが鮮やかな原色で表現された宮島さんの作品。新緑を迎えた爽やかな季節、あなたは彼女のイラストから何を感じただろうか。

宮島さんが手掛けた作品たち。アルバムのジャケットや雑誌の表紙、スマホケースも

宮島さんが手掛けた作品たち。アルバムのジャケットや雑誌の表紙、スマホケースも

移動は自転車で颯爽と。「普段あまり出ないので運動のためにも乗ってます」

移動は自転車で颯爽と。「普段あまり出ないので運動のためにも乗ってます」

作業に使うのは普通のシャーペン。繊細な線が出来上がっていく

作業に使うのは普通のシャーペン。繊細な線が出来上がっていく

プロフィール

宮島亜希(ミヤジマアキ)

イラストレーター

1979年滋賀県生まれ。京都造形芸術大学 学芸学部 情報デザイン学科卒業後、イラスト、ドローイング、ペインティング、デザインなどの作品を多く手掛ける。日本だけでなく海外での個展やフォトブックなどにも参加。ミュージシャンのアルバムジャケットや、アパレル、広告などで活躍中。
オフィシャルサイト:http://akimiyajima.com/

photo_yoshinobu_bito
text_miwako matsuzaki
edit_yu koyanagi