平日のちょっと贅沢なライフスタイルマガジン Daily Premium Calendar

百年先を見据えた木との対話~太鼓の胴づくり 宮本卯之助商店 製造本部長 浅野浩章

 東京は浅草に江戸時代から続く太鼓屋、宮本卯之助商店。今回は、製造本部長の浅野浩章さん(40)に、太鼓の胴をつくる作業について伺った。前回の記事では、素材として皮と向き合う職人の姿を紹介したが、今回は「木」と向き合う仕事と言えるだろう。

 太鼓の胴は、大事に使えば何百年と持つ。皮を張り替え、補修等をしながら、江戸時代の太鼓の胴が今なお使われている祭りは数多くある。しかし、逆に言えば、祭りの太鼓といえば、それだけ長く使えるものが現代の太鼓づくりにおいても変わらず求められているとも言えるのだ。

 宮本卯之助商店の太鼓の胴の材料は、主として福島県産・山梨県産のケヤキ。まずは大きな丸太をくりぬき、筒状の胴を掘り出す。マトリョーシカのように、口径が小さいものなら一つの丸太から何個かくりぬいていけるそうだ。

 次に待っている作業は、「乾燥」。なんと、荒く削ってから3年から5年ほどは乾燥させるという。随分気の長い話だが、ゆっくり時間をかけて乾燥させなければ、すぐにヒビが入るなどしてしまうそう。数年先の需要を見越して、作り溜めておかなければならない。

 十分に乾燥させた胴は、次にカンナで表面を削っていく作業へ。大きく形を整えていく際は、2,3回太鼓の胴を木目と平行に削り、最後の仕上げのカンナは木目と垂直に削る。仕上げのカンナかけることによって木の繊維を流れに沿って寝かせていくので、仕上げの前と後ではずいぶん手触りが違うという。木の繊維方向は木目を境に逆方向をむくので、境の反対側にカンナをかける時は、太鼓をひっくり返してかけていく。

 この作業場にきてまず驚いたのは、カンナの多さだ。大小さまざまなカンナが所狭しと並んでいる。これは、それぞれの太鼓の曲線に合わせて使い分けるカンナを、職人ごとに持っているためだ。この部屋の新人の仕事は、まずカンナを研ぐことから。この作業を行っている様子をかなり頻繁に見かけたので、浅野さんにその理由を聞いてみた。

「作業中、カンナは刃の同じところを繰り返し使うので、少し刃こぼれしてしまうと、胴にもずっと同じ線がついてしまう。今回よく刃こぼれするのは、どこか“砂食ってる”からなんですよ。砂が出る木にあたった時はすごいですよ。どこを削っても刃こぼれします。台風などでたくさん砂を木に取り込んだのが原因でしょうね」(浅野さん)

見えないところにも職人技が光る

 「砂食ってる」=“木が砂を食べる”という表現は、初めて知る人も多いだろう。木目の境目で変わる繊維の向きや、年輪の若さによる堅さなど、普通に生活していてはわからない木の世界が、浅野さんの眼前には広がっているようだ。木という天然素材を綺麗に整形しようという無理を、機械で決められた形に自動的に切り出すというやりかたではなく、手作業で素材そのものの特性と向き合いながら、うまくそれをなだめ操ってかたちにしていく様子は、まさに職人技だ。

 また、太鼓の内側を彫る作業もここで行われている。皮を張ってしまえば見えない裏側に凹凸をつけることによって、音がより反響しやすくなる効果があるとか。これも細部のこだわりで、内側にもカンナをかけて綺麗にしたり、あるいは繊維がたっていたほうが音がよりよくなるということで、あえてカンナをかけない、という事例もあるという。見えないところも妥協は許されない。

 仕上げのカンナの作業について、浅野さんに聞いてみると、こんな答えが返ってきた。

「仕上げのカンナかけは、大体一個仕上げるのに半日くらいかかります。この作業は慌てたくないですね。このあとは塗装するだけなので、ここで仕上がりが決まってしまいますから」(浅野さん)

 宮本卯之助商店の職人たちに話を伺っていて感じたのは、一つ一つの仕事へのこだわりだ。効率や生産量よりも、ひとつずつ丁寧に仕上げることによって、守ってきた宮本卯之助の看板。東京近郊の祭りでは、太鼓や神輿で見かけることの特に多い宮本卯之助の名前だが、その名前の先にある職人たちの技に思いをはせてみるのも、これからの祭りの楽しみに加えてほしい。

木目の境目に線をいれていく。木目の入り方は思いのほか複雑で、しかも一つ一つ異なっている

木目の境目に線をいれていく。木目の入り方は思いのほか複雑で、しかも一つ一つ異なっている

普段は見ることのない太鼓の胴の内側。製作年や皮の張り替えの際にはここに職人の名前と日付を記す

普段は見ることのない太鼓の胴の内側。製作年や皮の張り替えの際にはここに職人の名前と日付を記す

とにかく頻繁にカンナを研ぐ。カンナをかける時間より研ぐ時間のほうが長いのではないかと思うときも

とにかく頻繁にカンナを研ぐ。カンナをかける時間より研ぐ時間のほうが長いのではないかと思うときも

photo_Kazuhiro Nishijima
text_ Kazuhiro Nishijima
edit_ MATSURIsta!