平日のちょっと贅沢なライフスタイルマガジン Daily Premium Calendar

毎日少しずつ 自分の体と心に向き合う時間を持とう 女性にうれしい『月ヨガ』創始者 島本麻衣子

「月ヨガ」を考案した島本麻衣子さん。島本さん自身も、もちろん毎日月ヨガを行っている。

「毎日、朝と夕方に30分くらいずつヨガをします。朝には、太陽礼拝という12種類のポーズを組み合わせた動きを行ってから、その日の状態にあった月ヨガのポーズを。忙しいときには、朝だけ30分という場合もあります。動くポーズだけがヨガではありませんので他にも心のヨガをおこないます。無理せず、毎日続けるのがコツです。

毎日ヨガを行うと、普段は違和感なく動く関節に硬さを感じかったり、痛みを感じたりする日があることに気づきます。そんなとき、『ネガティブな感情がたまっているな』『この部分は冷えているみたい』と、心身の状態を見つめなおすことができるんですよね。

ヨガの手法の一つ、瞑想をすると、『今日は誰と会って何をするのか』『資料を用意しておかないと』など、いろんな思考が飛び交います。けれど、それらひとつひとつの思考は、映画のスクリーンのようにざっと意識から流すように心がけること。ジャッジしない、そこに巻き込まれないのが大切です。

こうやって、いつも外に向いている意識を内側に向けていき、自分を取り戻す時間を持つことはとても大事だなあと感じているんです。実際に、世界の名だたる人は、必ず自分と向き合う時間を持っているんですよね。初心者は1日5分でも構いません。毎日続けていくようにすれば、心身がどんどん変わっていくのを実感できると思います」

深い呼吸でリラックスすれば 質の良い睡眠が手に入る

心身に深いリラックスをもたらすヨガ。ヨガを行うことが、安眠にもつながるのだろうか。

「もちろんですよ。ヨガは、自律神経を整えます。視床下部にも働きかけ、ホルモンバランスも整えてくれるので、錯綜した思考が整ってくるんです。ヨガは呼吸がとても大切で、正しい呼吸法でヨガを行えば、酸素が上手に取り入れられるようになります。すると、さらに深い睡眠が得られるでしょう」

実際に島本さんも、布団に入ったら5秒で眠りにつけるほど、質の良い睡眠生活を送っているそう。

「秘訣は、寝る前に反省をしないこと。これに尽きますね。反省すると、頭の中がぐちゃぐちゃになって、どうしても目が冴えるじゃないですか。だから、寝る前はゆったりとした呼吸をして、息を吸いながら『ああ、よかった』、吐きながら『ありがとう』って思うようにしているんです。これですぐに眠りに入ることができるんですよ」

寝る前の深い呼吸が安眠の秘訣。質の良い睡眠をとることで心身がしっかり回復すれば、ますます充実した毎日が送れそうだ。

プライベートでは、本を読んだりして過ごすのも好き

プライベートでは、本を読んだりして過ごすのも好き

見ているこちらが癒されてしまう島本さんのスマイル

見ているこちらが癒されてしまう島本さんのスマイル

最近、タイにヨガ修業、タイ古式マッサージの習得に行ってきたそう。「奥が深いヨガは学びが尽きません」

最近、タイにヨガ修業、タイ古式マッサージの習得に行ってきたそう。「奥が深いヨガは学びが尽きません」

プロフィール

島本麻衣子

兵庫県出身。2002年に上京、2003年にワコールのCMを機にデビューし、雑誌モデルや女優として、映画や舞台に出演するなど、活躍の幅を広げる。ヨガとの出会いを経て、2010年に女性に合った「月ヨガ」を実践考案。『月ヨガ』(講談社)など、著書多数。
月ヨガ by 島本麻衣子:http://www.tsukiyoga.com/

photo_hiroyuki sato
text_akiko imai
edit_miwako matsuzaki