平日のちょっと贅沢なライフスタイルマガジン Daily Premium Calendar

ちょっと贅沢お作法

鮮度を損なわず、葉野菜を美味しいまま保存しよう! 葉野菜の保存方法

暑さを避けて外出を控えて運動不足になりがちな季節。
せめて食事は野菜をたっぷり摂って健康的な体を作りたいですね。
今回は知っておくと便利な野菜を長持ちさせる方法をご紹介します。
冷蔵庫に残っている野菜を早速見直してみて下さいね。

傷みの早い葉野菜。
3日後に取り出してまだ水々しかったら、
なんだかシアワセな気持ちになれそう。

保存の大きなポイントは野菜が育った姿を出来るだけ崩さないこと。
例えば丸ごとのキャベツなら真ん中にザクッと包丁を入れるのではなく、
必要な分を1枚ずつはぎ取って使います。
そうすることで保存したキャベツは
残っている芯から水分を引き上げるので水々しさが保たれます。
白菜やレタスなどもキャベツと同じです。
芯をなくしてしまう場合には、
芯があった部分に湿らせたキッチンペーパーを詰めて保管することで
水々しさを保ってくれます。

また、包丁の鉄分が付着すると野菜が劣化する原因にもなるので、
分けるときはなるべく手でちぎりましょう。

そして冷蔵庫に入れるときはラップをしてからさらにジップバッグで保管します。
冷蔵庫の乾燥や雑菌の付着繁殖からも守ってくれます。

最後に、野菜選びはなるべく季節のものを。
旬の野菜は収穫されたばかりなので水分もビタミンも豊富。
長期保存につながり、カラダにもいいですよ!