平日のちょっと贅沢なライフスタイルマガジン Daily Premium Calendar

ちょっと贅沢お作法

肌の老化を少しでもセーブ 日焼けした肌のケア方法

日焼け止めを塗らずに外出して肌が赤くなったり、
塗っていてもひりひりと熱を持ってしまうなんてことはありませんか。
今回は、ちょっとした工夫ですぐに出来る夏の日焼け対処法をご紹介。

日焼けはシミやシワなど肌の老化の原因になり、
肌の下り坂が来ている20代後半からは特に注意が必要なんです。
それでも焼けてしまったら?

日焼けは肌が炎症を起こしている状態。
一種のやけどと同じなので、冷たい水や氷をあててクールダウンを。
ひりひりしなくなるまで冷やし続けましょう。

その後は化粧水や乳液、美容液で肌に水分補給を。
肌の水分もかなり奪われて乾燥している状態なので、
コットンパック等をして念入りに保湿すると回復が早いですよ。

体内からのケアも大切。
日焼けによるダメージを回復させるには
ビタミンA、C、Eを含む食品を摂り、新陳代謝を上げましょう。
でも肌に良いからといってむやみやたらに野菜を摂るのは危険。
多くの野菜に含まれるソラーゲンという物質は光毒性を含んでいて、
一度にたくさん食べるとかえってシミができやすくなってしまうんです。

添加物を多く含む食品やアルコールを接種したときも肌は日焼けしやすい状態に。
外出の際には食べる物にも注意してみてくださいね。