平日のちょっと贅沢なライフスタイルマガジン Daily Premium Calendar

ちょっと贅沢お作法

服の乱れで気持ちも乱れないために 浴衣の着崩れを直す方法

花火大会に納涼祭。
そんな夏のイベントに欠かせない浴衣。
着たはいいけど人ごみに揉まれて着崩れしちゃった......
なんてことも多いはず。
そんなときの応急処置法をご紹介。

ピシッと着付けたばかりのときは凛として見える浴衣も、
ちょっとした動作で着崩れ、だらしなく見えてしまうことも。
胸元のゆるみや、裾が広がってきてしまったときに
サッと直せる浴衣の着崩れ対処法をご紹介します。

まず胸元のゆるみは下前から整えます。
身八つ口(手を上げたときに脇の下にある隙間)から
手を入れて襟を引っ張りましょう。
上前は帯の下から引っ張って左右の襟が同じ高さになるように調節。
胸元は上半身の動きが大きいと崩れやすくなるので、
細やかに動くよう心がけましょう。

次に裾が広がってきたとき。
おはしょりをめくって、下前→上前の順に襟先を引っ張り、広がりを整えます。
どうしても直らないときは安全ピンやクリップでその場所を留める手段もあるので、
ひとつ持ち歩いていると安心。
この崩れは歩幅が大きな人にありがちなので、
小さく歩くよう気をつけてみてくださいね。

浴衣を着たら動作は小さく、繊細にすると着崩れしにくく、
立ち振る舞いも上品に見えますよ。