平日のちょっと贅沢なライフスタイルマガジン Daily Premium Calendar

ちょっと贅沢お作法

正しいお米の炊き方

日本人の食卓に欠かせない白米。
ちょっとしたポイントを押さえるだけで、
いつもの炊飯器のご飯がお釜で炊いたかのような食感に変身!
おいしいご飯の炊き方をご紹介。

おいしく炊くには研ぎ方、そして水加減が重要です。

研ぎ方のポイントは2つ。
ひとつ目はお米が傷つかないように、やさしく扱うこと。
現在は精米技術が発達しているため、ゴシゴシ研く必要はありません。
たっぷりの水の中でサッと混ぜるように、ぬかを取りましょう。

ふたつ目は、水を頻繁に変えること。
特に1回目の洗米でずっと同じ水を使い続けると
お米全体がぬか臭くなってしまいます。
水が濁ったらすぐ新しい水に変えましょう。

そして水加減のポイント。
お米の種類が違うだけで、ちょうどよい水の量は変わります。
炊飯器のメモリにとらわれず、何度か炊いて加減をみましょう。

最も重要なのは、お米を水に浸し、しっかり吸水させること。
夏は30分、冬は2時間、炊く前にお米を水につけて置きましょう。
それだけでご飯のもっちり感が格段に違います。
急いでいるときは、ぬるま湯でお米を炊くと、
水分が吸収されやすく、おいしくなります。

ほんの小さな気遣いでお米の本来のおいしさが引き出せるものです。