平日のちょっと贅沢なライフスタイルマガジン Daily Premium Calendar

ちょっと贅沢お作法

お月見の基礎知識

2012年9月30日は「中秋の名月」。
お月見とは言うものの、
実際に楽しんだことがある人は少ないのではないでしょうか。
改めて空を見上げ、月の明かりを堪能してみては。

そもそもお月見とは、旧暦8月15日に月を鑑賞する行事。
平安時代に中国から伝わった催事ですが、
はっきりしたルーツはよく分かっておらず、
1年の収穫に感謝するお祭りである、という説が有力です。
日本に伝わった当時、お月見は貴族の間でのみ楽しまれ、
月を眺めながら和歌を詠み、お酒を酌み交わしたのだそう。
やがて武士や平民にも伝わり、一般的な催事になったようです。

お月見と言えば、すすきと台にのせられたお団子。
収穫の感謝とこれからの豊作を満月に祈願していたことから、
それらはお月様に対してのお供え物。
現代では食べて楽しむことのほうが多いですが、
食べる際にはそんな意味合いを噛み締めてみると味わい深いことでしょう。

部屋の照明を暗くし、
自宅のベランダや窓辺にテーブルを置いてお供えを飾ればそこはもうお月見処。
ロマンチックな空間に変身した自宅で宴を楽しんでみませんか。
食事もお団子も格段においしく感じられ、優雅なひとときを過ごせそうです。