平日のちょっと贅沢なライフスタイルマガジン Daily Premium Calendar

ちょっと贅沢お作法

美しい文字を書く方法

キーボードで打たれた文章が当たり前の今だからこそ
美しい手書き文字は読む人の心を思わず微笑ませます。
少しの工夫で文字は美しく見えるもの。
職場や家庭など身近な場所で使えるお作法です。

パソコンやメールの普及で
手書きの文字を書く機会はめっきり減ってしまいました。
しばらく書かないうちに、以前よりも文字が上手に書けなくなっている人も
多いのではないでしょうか。

文字を美しく書くには、字の体裁だけではなく姿勢から見直してみましょう。
机と体の間はこぶしひとつ分程度のスペースをあけ、
文字を書くときは手だけではなく、腕全体で書くようにします。

そして、美しい文字とはバランスのよい文字のこと。
書くときは真ん中の中心線を意識し
文字は6°ほど右上がりにし、重心は右下になるように書きます。
漢字の横線や空白の間隔は均等にして、字間には適度な空白をあけることも大切です。

ひとつひとつの文字だけでなく、文章全体を美しく見せるために
文字の大きさを工夫することも大切です。
コツは漢字などの画数の多い字は大きめに、
ひらがななどの画数の少ない字は小さめに書くこと。

秋の夜長を利用して、毎日少しずつ書くことも上達の秘訣。
練習をかねて誰かに手紙を書いてみるのも、楽しいひとときとなりそうです。

text_akiko imai
illust_yu koyanagi
edit_haruka noda