平日のちょっと贅沢なライフスタイルマガジン Daily Premium Calendar

ちょっと贅沢お作法

部屋を片付ける。物の多い部屋を日々少しずつ整頓していく方法

年末に大掃除をしても、1月が終わる頃には元通り......
ではもったいない!
部屋が散らかる最大の原因は物の多さ。
片付け能力がアップする、整頓上手な脳になれる方法をご紹介します。

片付けはある種の才能。
片付け能力のある人とない人とでは脳の働き方が違うそうですが、
毎日繰り返し“片付け”という情報を覚えさせることで、
誰でも能力がアップするそうです。
片付け脳を作るポイントはこの3つ。

【1】「ミニ片付けタイムを設ける」
朝と夜、5分でも良いので毎日片付けタイムを作ります。
朝はテーブルの上、夜は洋服など、簡単に終わるエリアに絞り、
ピンポイントで片付けることを日課にします。

【2】「物を捨てるタイミングを決める」
ゴミの日の前日に「この部屋にいらないものは?」と探し、
“なにか1つは必ず捨てる”などルールを作ります。
取捨選択する癖を脳につけてみてください。

【3】「物の置き場を決める」
散らかるのは、物があるべき場所に戻らずに拡散するから。
物の置き場を決めて、出しっ放しの物を見つけたら、
「とりあえずBOX」に放り込みましょう。
後でいるかいらないか判断した後、元の場所に戻すようにします。

是非今日からでも実践してみてくださいね。

text_kanako miyahara
illust_yu koyanagi
edit_haruka noda