平日のちょっと贅沢なライフスタイルマガジン Daily Premium Calendar

ちょっと贅沢お作法

室町時代から続く長寿祝い「還暦」の作法

満60歳の誕生日に行われる「還暦」祝い。
明治時代までは、お正月から立春までに祝う風習だったのだとか。
意外と知らなかった「還暦」のあれこれ、
そして現代でのお祝いの仕方をご紹介。

その昔、人々がまだ短命だった頃、
60歳は長寿。
「還暦祝い」とはその長寿を祝うためのものでした。

「暦が還る」と書く還暦。
その言葉の由来は旧暦の十干十二支(じっかんじゅうにし)から来ています。
年賀状にも書かれる干支(えと)の十二支(じゅうにし)と、
「甲乙丙丁戊己庚辛壬癸」の十干(じっかん)から成る組み合わせは60通り。

60年でぐるっとひと回りして、ちょうど生まれた時の干支に戻るので、
「赤ちゃんに還る」という意味から、
魔除けの意味もあった昔の赤ちゃんの産着の色
=赤のちゃんちゃんこや頭巾がプレゼントされるようになったのだとか。
「赤」にちなんだものをプレゼントする風習は現代にも受け継がれていて、
今では赤ワインや赤い小物をプレゼントするなど、現代風アレンジも一般的。

長寿のお祝いは還暦をはじめ、満77歳の喜寿(きじゅ)、
満88歳の米寿(べいじゅ)など、節目ごとにあるもの。

普段なかなか気持ちを伝えられない家族へ、
これを機会に感謝と愛情を伝えてみては。

text_kanako miyahara
illust_yu koyanagi
edit_haruka noda