平日のちょっと贅沢なライフスタイルマガジン Daily Premium Calendar

ちょっと贅沢お作法

7個でベートーベンの「第九」を演奏 今日からグラスハープ奏者になる

水が入ったグラスで音を奏でる"グラスハープ"。
子供の頃、食卓のコップを叩いたりこすったりして音を出し
親に怒られたな、という思い出がある人もいるのでは。
子供でも大人でも楽しめるグラスハープの正式な遊び方をご紹介します。

●鳴らし方

1.
ワイングラスと手を洗剤でよく洗います。
油分が残っているとうまく鳴らないので、しっかりと念入りに。

2.
グラスに適当な量の水を入れます。
片手でグラスを押さえたら、反対の指の腹に水をつけて
優しくなでるようにグラスの縁をこすると音が出ます。

3.
それぞれのグラスで水の量を変えて音程の調整をしましょう。
音程はグラスの口径や厚さ、水の量で変わるので
正確な音程を作るならすべて同じグラスでそろえて。

また、曲を奏でるならグラス7個でも演奏できる
「エーデルワイス」やベートーベンの「第九」が定番なので
是非お試しを。

雨の日に外を眺めながらこんな水遊び。
ほんの一瞬、童心に還ることができそうです。

text_kanako miyahara
illust_yu koyanagi
edit_haruka noda