平日のちょっと贅沢なライフスタイルマガジン Daily Premium Calendar

ちょっと贅沢お作法

世界一と言われる日本の花火と海外の花火の違いとは

まんまるに花開く花火は日本独特のもの。
実は玉の形から海外とは違います。
また、さまざまな色の火薬を使うのも日本独自のものだとか。
日本の花火と海外の花火はどのように違うのでしょうか。

テレビ番組などで見かける海外の花火で、
日本のように丸く花開くものはあまり見かけません。

実は、まんまるの花火は日本独特のものだったのです。

その理由は、花火玉の形状の違いと、
花火の中に詰める火薬「星」の作り方の違い。

日本の花火玉は球形で、海外のものは円筒形のシリンダー型です。

また、日本の花火の「星」は
別々の色の火薬を職人さんの手作業で重ねて作ったものなので、
途中で色が変わります。

しかし、海外では一種類の火薬だけを
機械でプレスしたものを使うので色の変化は原則的にありません。

日本の花火は、球体の中にある火薬で「星」を
あちこちに球形に飛ばすのでまん丸く花開いたような花火になります。

一方、外国の花火は円筒の蓋が外れて中身が出てくるものなので、
星が一方向にしか飛ばず、まん丸にはならないのです。

また、海外の花火はもともとは貴族がお城の中で打ち上げたものなので、
高度が低いのだとか。

海外産の花火は日本のものより燃焼時間が長く、
音楽などと一体となったショーのようにして打ち上げられるのがほとんど。

パッと咲いては散る一瞬の美を楽しむ日本の花火とはまた違う考え方のようです。

今年の夏は打ち上がる花火を眺めつつ、
日本独自のまん丸な花火のオリジナリティに思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

text_akiko mitani
illust_yu koyanagi