平日のちょっと贅沢なライフスタイルマガジン Daily Premium Calendar

ちょっと贅沢お作法

大切なコケととても邪魔なコケの見分け方

日本には約1800種ほどあるコケ。
空気から水分や養分を吸収し、
土壌や樹木に水を供給させる働きを担うコケのさまざまな特性を学びましょう。

コケにはほかの植物にはないさまざまな特性があります。
そのひとつが根がないこと。

根がないので土壌の必要がなく、
空気中から養分や水分を吸収して育ちます。
土の必要がないのでビルの壁面や屋上でも育つため、
近年のヒートアイランド現象を抑える目的のもと、
環境緑化に使用される例も増えています。
また、コケは素早く水を吸収してくれるので、
土砂の流出を抑え、ほかの植物との混生により、
生態系をより豊かに生まれ変わらせる効果も持っています。

また、コケには歓迎される種類のものと歓迎されない種類のものが存在します。

歓迎される種類のコケの代表格はスギゴケ。
直立した茎の周りに細い葉が生えていて杉の枝のように見えるのが特徴です。
日本庭園で多く使われますが、
プロでもきれいなスギゴケの庭を維持するのは大変だとか。

反対に、歓迎されない種類のコケはゼニゴケ。
じめっとした感じの葉状の見た目が特徴です。
ゼニゴケはコケの雑草と呼ばれ、見た目がカビに似ている上、
繁殖力が強くてほかのコケを駆逐してしまうそう。
駆除にも時間がかかるため、あまり歓迎されないようです。

コケで有名な銀閣寺でも、「大切なコケ」としてスギゴケが展示され、
「とても邪魔なコケ」としてゼニゴケが展示されています。

また、コケはみな、じめじめしたところが好きだと思われがちですが、
種類によって異なります。
ゼニゴケが極端に日陰で水はけが悪いところに多く発生し、
スギゴケはある程度の日照と水はけのよさが必要です。
ちなみにコケの天敵は虫ですが、コケの小さな体では虫への対策がうまくとれません。
結果、味がとんでもなく苦い、辛いなど驚くほどまずくなったとか。

多様な種類があり、それぞれの特性をもつコケ。コケの種類にも着目してみると、より深くコケの世界を楽しめそうですね。

text_akiko mitani
illust_yu koyanagi