平日のちょっと贅沢なライフスタイルマガジン Daily Premium Calendar

ちょっと贅沢お作法

ガラス瓶、土、コケさえあればすぐできる。インテリアに花を添える、コケテラリウムのつくり方

透明なガラス容器に植物を植えて楽しむテラリウム。
インテリアショップやレストランなどで見かけた方も多いのではないでしょうか。
家にあるもので簡単に作れるコケテラリウムの作り方をお伝えします。

●用意するもの

ガラス瓶(ねじって開けるタイプのフタ付きで広口のもの)
コケ(購入したものでも、拾ってきたものでも可)
土(購入したものでも、拾ってきたコケについてきたものでも可)
一緒に植えたい植物(小さめのもの)

1.ガラス瓶はきれいに洗い、
ラベルなどはつけ置きをしてはがしておく。

2.土を瓶のフタに少し盛る。

拾ってきた土を使う場合は小石やゴミクズ、
タバコの灰などを先に除去しておきましょう。

3.真ん中が盛り上がるようにコケを植える。
ほかの植物は、コケから突き出るように植える。
その後、少し水をかける。

ほかの植物を植える時にやりにくい場合は
お箸などを使うと細かい作業がしやすいでしょう。

4.そっとフタに瓶をねじ込み、封をする。
コケや土が乾いてきたように見えたら、霧吹きで水をあげるか、
瓶のフタを少しゆるめて、流水に1分ほどさらす。

フタのない瓶でも同じ方法で作成でき、
小石やビー玉などをプラスしてアレンジすることも可能です。

夏は時々、風通しのいいところに置いてあげるとなおいいでしょう。
手入れが簡単なので観葉植物を枯らしてしまう人でも、気軽に育てられるコケテラリウム。
お部屋の彩りに、作ってみてはいかがでしょうか。

text_akiko mitani
illust_yu koyanagi