平日のちょっと贅沢なライフスタイルマガジン Daily Premium Calendar

ちょっと贅沢お作法

長時間睡眠と短時間睡眠のメリット・デメリット

眠る時間が長ければ長いほどいいと思うことが多いものですが、実は睡眠を短時間にすることでメリットがある場合も。短時間睡眠で有名だったエジソンやナポレオンが何故偉業を成し遂げられたかもそこに秘密があるのかも。

歴史に名を残した有名人には睡眠時間が短いことで知られる人がいます。

エジソンの睡眠時間は、一日4時間。「私の辞書に不可能はない」で知られるナポレオンは3時間。絵画、建築、解剖学などでさまざまな功績を残したレオナルド・ダ・ヴィンチはなんと90分の睡眠で日々を過ごしていたという逸話が残っています。

そんなことはなかなか普通の人間にはできないもの、と思うかもしれません。
もちろん、人それぞれの体質によって、合う合わないはあるもの。

しかし、実は、眠りに悩む人ほど短眠にはメリットがある場合も。
睡眠時間が長い人は眠りが浅い傾向があります。眠りに長い時間をさけるので、脳が「睡眠が浅くてもいい」と判断してしまうためです。
逆に睡眠時間が短い人の眠りは、大変深いものとなっているそうです。

また、睡眠時間が短い人は、仮眠や居眠りをよく活用していたという説もあります。ナポレオンは馬上でよく居眠りをしていたという話や、エジソンもよくイスの上で仮眠をとっていたという説も。

眠気を感じた時、たった5分でも眠ると頭がスッキリします。ナポレオンやエジソンもそのことを活用していたのかもしれません。

短時間睡眠と長時間睡眠のどちらがいいかは一概には言えませんが、一日が24時間なのは誰しも一緒。やりたいことをやるために、短時間睡眠を習慣にしてみるのも一つの手かもしれませんよ。

text_akiko mitani