平日のちょっと贅沢なライフスタイルマガジン Daily Premium Calendar

ちょっと贅沢お作法

快適な睡眠をとるための昼間の過ごし方

夜にぐっすり眠るためには実は昼間の過ごし方が大事。安眠を誘う朝の起き方、昼間の生活の仕方、そして寝る前にはどんなことを気をつければいいか。質の高い睡眠のための一日の過ごし方を学びましょう。

まずは朝。起きたらカーテンを開けて太陽の光を浴びましょう。

それから、できれば30分程度の運動を。研究結果によると、更年期以降の女性で毎朝30分運動をする人は、眠りにつきやすいというデータが出ています。

そして、それから朝ごはんを。
朝ごはんは胃腸にある体内時計を起こしてくれます。

日中は、できればコーヒーなどカフェインのあるものは14時以降は飲まないようにして。カフェインを眠る時間帯までに抜くことで快適な睡眠に近づくことができます。
また、日中もなるべく心穏やかに過ごすこと。イライラしたり、興奮した状態を夜に持ち越すとやはり眠りにつくのが難しくなります。

そして、寝る前の過ごし方。
寝る前にはテレビやコンピュータのモニタ、スマートフォンなどの光を発するものを使うのは控えましょう。体が眠ろうとしているのに脳が刺激を受けて、覚醒状態になってしまいます。
また、TwitterやFACEBOOKなどのSNSも控えたほうがいいでしょう。レスが来たらまた返して、とやっているとなかなか眠れなくなってしまいます。

パソコンなどに触るより、本を読んだり好きな音楽を聴いたりしたほうが、眠りにつきやすいです。
一日のうちの大部分の時間を占める睡眠。いい睡眠を取れる生活は、いい生活とも言えます。一日を快適に過ごすことで、快適な睡眠をとることにもつながっていくのです。

text_akiko mitani