平日のちょっと贅沢なライフスタイルマガジン Daily Premium Calendar

ちょっと贅沢お作法

生活を快適にする昼寝の効用

昼寝をすると夜に眠れなくなる、と思いがちですが、コツをつかめばむしろ快適に日中を過ごせ、夜もよく眠れるようになるもの。何故、昼寝が大切なのか、よい昼寝をする方法とはを学んでみましょう。

睡眠が何故大切なのかといえば、脳の中の疲労物質が溜まった状態をリセットさせてくれるから。体の疲れは、横になればある程度回復ができますが、意識や知能、記憶など知的活動を行う大脳は、眠らない限り、休むことができません。

仕事などで現代人は脳をひたすらに動かしているもの。夜の睡眠も大切ですが、昼間に睡眠を取り、細切れに脳を休ませてあげることも現代の生活では非常に重要です。

昼寝には脳をリラックスさせてくれる効果があり、スペインやイタリア、南フランスではシェスタといって昼寝を習慣にしています。
ご飯を食べるとセロトニンという睡眠を促す物質が作り出されるので、眠くなるのは当然。その時に体も脳も休ませるのは非常に理にかなった習慣と言えるでしょう。しっかり休息を取れば、脳も体も活性化し、午後の仕事がさらにはかどります。

しかし、昼寝をする際にはいくつかの注意点が。ひとつは不規則な時間帯に昼寝をしないこと。夜の眠りを妨げてしまう危険性があります。また、数時間眠ると夜に眠れなくなる可能性が。眠りが深くなり過ぎない15分から30分くらいの時間で昼寝するよう心がけましょう。

最近では午後の仮眠の時間を取り入れている企業も増えています。上手に生活に昼寝を取り入れて、より素敵な暮らしを目指しましょう。

text_akiko mitani