平日のちょっと贅沢なライフスタイルマガジン Daily Premium Calendar

ちょっと贅沢お作法

眠りすぎも睡眠障害?

不眠症だけが睡眠障害だと思われがちですが、実は「眠気がひどい」「眠り続けてしまう」という症状が出る過眠というものもあります。あまりに眠気がひどいようなら、一度、過眠症かどうかを疑ってみたほうがいいかもしれません。

睡眠障害というと不眠症を思い浮かべるものですが、長時間眠り過ぎたり、不適切な時間帯に猛烈な眠気を感じることも過眠という睡眠障害に分類されます。

過眠症は、日中に過度の眠気が襲ってくることや、長時間の睡眠が繰り返されることを指し、我慢できないくらいの眠気が何度も襲ってくる症状が出ます。
また、起きるのが非常に辛くなり、起きている間も眠気のあまりぼんやりしたまま。

不安や苛立ち、落ち着きのなさ、思考の遅延、食欲の減退が目立ち、症状が進むと幻覚や記憶障害などが出てくることも。

そんな状態では当然、社会生活を営むことができないので、仕事や家庭がうまくいかなくなります。青年期や成人した段階で発見されることが多い病気です。

車の運転中や仕事中、時には人と話している途中でも急に猛烈な眠気が襲ってくるその症状は、非常に怖いもの。

徹夜をしたなど特別な理由がないのに、猛烈な眠気が止まらないなら、睡眠障害を疑ったほうがいいかもしれません。眠れないだけではなく、あまりにも眠れない場合は、なるべく早めに医師の診察を受けましょう。

text_akiko mitani