平日のちょっと贅沢なライフスタイルマガジン Daily Premium Calendar

ちょっと贅沢お作法

紙以外の折り紙 通常の折り紙を使わなくてもできるさまざまな折り紙について。

トイレットペーパーやお札、おしぼりなど、身近にあるものでもできる折り紙。
折り方さえ覚えておけば、いつでもどこでもできるのがいいところです。
気軽にできて周囲も喜ぶ紙以外の折り紙について学びましょう。

トイレットペーパー、お札、おしぼりなどでも折り紙を楽しむことができます。

トイレットペーパーで折り紙を折る楽しみは、あとに使う人が驚いたり喜んだりすること。鶴やネクタイ、ハート型、富士山、うさぎなど様々なものが作られています。中では、トイレットペーパーの長さを生かして、龍などの凝った作品を作る人も。

また、ちょっとしたパーティなどで気軽に披露できるのがお札の折り紙。
1000円札でシャツを折ると模様がちょうどネクタイのように見えたり、印刷されている野口英世の顔をうまく使ってターバンを巻いているように見せたりと、折り紙の可能性を感じさせてくれます。
5000円札や1万円札でももちろんでき、中には1万円札6枚を組み合わせて作る作品も。総額6万円の折り紙はなかなか手が出にくいかもしれませんが、一度は挑戦してみたいですね。

お店で渡されるおしぼりを使った折り紙も、周りを盛り上げるのにぴったり。
うさぎやひよこ、怪獣、つばきやトイレなど種類もさまざま。おしぼりは破れることがないので失敗してもまたやり直せるのがいいところ。みんなの前で披露する前に、何度か練習しておくのもいいかもしれません。

大人になってもいろんなシーンで楽しめる折り紙。トイレで、パーティで、食事の場で、折り紙を使って周囲の人を楽しませてみてはいかがでしょうか?

text_akiko mitani