平日のちょっと贅沢なライフスタイルマガジン Daily Premium Calendar

ちょっと贅沢お作法

キッチン周りの雑菌について

家の中で一番雑菌が多いのが台所と言われています。タオルやふきん、まな板などを清潔に保つ方法は一体どんなものでしょうか。キッチンを安全にしておくために気を付けるべきこと、必要なことを学びましょう。

キッチンにはトイレよりも多い数の雑菌が検出されることもあると一説には言われています。
特に台ふきんは、数個の菌が残っているだけで24時間後、数百万個に、食中毒原因菌なら4時間で10~60倍、12時間で900~8000倍にもなるそう。

布の台ふきんは繊維の内側に菌が巣を作り、水洗いだけでは除菌がしにくいもの。
天日干しをするか、漂白剤を使っての除菌が必要です。
なかなか天日干しや漂白ができないなら、アルコール除菌スプレーを上手に活用しましょう。台ふきんを使う度にシュッとひと吹きするだけで、テーブルの上もふきんも殺菌されて一石二鳥。また、アルコール除菌スプレーはまな板や包丁、スポンジなどにも使用可能です。

熱に強いステンレスや耐熱ガラスなどの素材を殺菌するなら熱湯消毒もおすすめ。簡単にできて効果が高く、洗いきれずに雑菌が残りやすいざるの目や、排水口、生ごみ入れにも使えます。

ほか、酢を二倍の水で薄めたものを霧吹きに入れて吹き付けるのも除菌に役立ちます。小さなお子様がいて、安全面が心配な場合はこの方法が安心かもしれません。

text_akiko mitani