平日のちょっと贅沢なライフスタイルマガジン Daily Premium Calendar

ちょっと贅沢お作法

少女漫画家になる方法

胸ときめく作品を生み出し、華やかに活躍する少女漫画家には一体どのようにしてなるものなのでしょうか。一般的なデビューの方法や、著名な少女漫画家がどのようにデビューしたのかを学びましょう。

●デビューの王道、新人賞
出版社に原稿の持ち込みをしてみるか、新人賞に応募するのが一番メジャーな方法。漫画雑誌を読むと、原稿の持ち込みや新人賞の募集をしているページがあります。

新人賞でデビューした場合は賞によりますが、すぐに雑誌掲載となることも。受賞したら雑誌掲載とうたっている賞は、現在なら集英社の『金のティアラ賞』、白泉社『アテナ新人大賞』などがあります。
2007年スタートの『金のティアラ大賞』は、『潔く柔く』のいくえみ綾、『有閑倶楽部』の一条ゆかり、『花より男子』の神尾葉子、『天然コケッコー』のくらもちふさこ、『君に届け』椎名軽穂などの豪華な審査員陣が話題に。
集英社から発行する『りぼん』、『マーガレット』、『別冊マーガレット』、『ザ・マーガレット』、『cookie』、『cocohana』、『YOU』の8誌が合同開催している賞なので、さまざまな形のチャンスがあるそうです。
白泉社『アテナ新人大賞』は、『花とゆめ』、『別冊花とゆめ』、『LaLa』、『MELODY』の4誌合同の賞。
『花のあすか組!』『ロンタイBABY』などで知られる高口里純や『ぼくの地球を守って』の日渡早紀、『紅茶王子』の山田南平が過去の受賞者です。

●新人賞の応募した有名漫画家
著名な漫画家のデビューの仕方もさまざまです。
一条ゆかりは、高校在学中に第1回りぼん新人漫画賞で準入選してデビュー。
『きみはペット』で知られる小川彌生は、読売新聞の記者でありながら講談社のmimi&Kiss秋の新人漫画賞に入選し、デビューのきっかけをつかみました。
『ガラスの仮面』の美内すずえは、高校時代に『別冊マーガレット』にて誌面デビュー。
安野モヨコは、高校在学中に、『別冊少女フレンドDXジュリエット』に作品が掲載。その後、連載が決まるまでは岡崎京子のアシスタントを勤めていたそうです。

●インターネットがヒットきっかけ
また、Web漫画が商業誌に掲載されたり、単行本化することも。ほしよりこ『今日の猫村さん』はCATVインターネットサービスのサイト「@NetHome」上で連載されていたものが単行本化。1、2巻で発行部数は90万部を超えました。
最近では少女漫画ではありませんが、ONEの『ワンパンマン』がWeb上で一日に2万アクセスを超えたと話題。2012年から、リメイク版が集英社の『となりのヤングジャンプ』にて連載されています。

プロとして長くやっていけるのはひと握りと言われている漫画家の世界ですが、門戸はさまざまに開かれています。
少女漫画家になりたいと思ったことがあるならば、挑戦してみてはいかがでしょうか。

text_kiki