平日のちょっと贅沢なライフスタイルマガジン Daily Premium Calendar

ちょっと贅沢お作法

背後から「ぎゅっ」に名前があった! 少女漫画の定番ときめきシチュエーション

お姫様抱っこ、反発しあっていた二人が惹かれあう、通学路での印象的な出会い、背後からぎゅっと抱きしめられる。少女漫画でよく見かけるどきどきのシチュエーションをご紹介します。

●主人公の体調不良で繰り出される「お姫様抱っこ」
誰もが憧れるお姫様抱っこのシーンが出てくる漫画はたくさんあります。
柊あおいの『星の瞳のシルエット』内では、ヒロインが立ちくらみをして倒れるシーンが。
お姫様だっこで片思いの男の子に保健室へつれて行かれそうになっていました。
一条ゆかりの『砂の城』では、主人公ナタリーが度々体調を崩し、
男性登場人物に抱きかかええられています。

●出会い頭で恋に落ちる運命の予感
通学路で、印象的な出会いをするのも少女漫画の王道のパターンです。
矢沢あい『天使なんかじゃない』で、ヒロインの冴島翠がヒーローの須藤晃に惹かれるのは、雨の通学路で捨て猫を拾っているところを見てから。
椎名軽穂『君に届け』ではヒーローの風早くんにヒロインの貞子こと黒沼爽子が入学式の時に道を教え、その時の「ありがとう」という一言と笑顔が忘れられずにいたことが恋の始まりでした。

●いやよいやよの好きのうち!? マイナスからの恋
最初は反発しあっていた二人が最終的に結ばれるのも、少女漫画の定番です。
貧乏なヒロイン牧野つくしが大金持ちの息子の道明寺司と恋に落ちる、神尾葉子『花より男子』では、冒頭でつくしが道明寺にキックを入れています。
二ノ宮知子『のだめカンタービレ』でも、部屋が汚く変人として知られている野田恵(のだめ)に、有名ピアニストの息子でエリート音大生の千秋真一が惹かれていくストーリーです。

●背後から“ぎゅっ”に名前があった! 通称『テリィ抱き』
ちなみに、少女漫画には、背後からぎゅっと抱きしめられるシーンもよく出てきます。これは少女漫画の編集者の中では、『テリィ抱き』と呼ばれているのだとか。
テリィとは原作:水木杏子、原画:いがらしゆみこの漫画『キャンディ・キャンディ』に出てくるキャラクターのこと。テリィが主人公キャンディとの別れ際に、溢れる気持ちを抑えきれず、後ろからキャンディをぎゅっと抱きしめたことが『テリィ抱き』という名前の由来です。

一度は憧れる、少女漫画のときめきシチュエーション。自分はどんなパターンが好みか、思いを巡らせてみると少女漫画を読むのもより楽しくなりそうです。

text_kiki
illust_yu koyanagi