平日のちょっと贅沢なライフスタイルマガジン Daily Premium Calendar

ちょっと贅沢お作法

バラ風呂ってどんな効果があるの?

美しいだけではなくさまざまな効能があるバラの花。お部屋に飾ったあとはラグジュアリーなバラ風呂を楽しんでみてはいかがでしょうか。世界三大美女のクレオパトラも愛したバラ風呂の効能、やり方を学びましょう。

■用意するもの
バラ(好きなだけ)

1.バラを花びらのみにして、軽く水洗いする。お風呂に浮かべるまでは洗面器内の水に浸しておく。

2.バスタブに38~40度のお湯を入れる。入浴時に浴槽のお湯が溢れないように少なめにしておく。

3.洗面器に浸しておいたバラをバスタブ全体に均一に広がるように入れていく。

4.湯船にゆっくり浸かり、湯量が足りない場合は適宜プラスする。

一度使ったバラでも、集めて新聞紙の上で乾かせば2~3回使用することが可能。また、花首ごと入れるのはゴージャスで美しいのですが、品種によってはトゲがある場合もあるので、お風呂に入れる場合は花びらのみがおすすめです。

バラの香りにはリラックス効果、頭痛を和らげる効果があるといわれており、イライラや興奮を沈めて快い気持ちにさせてくれます。ストレスや疲れ、眠りが浅いと感じているときに試してみては。

掃除が面倒な方は、花びらを布袋にまとめてお風呂に入れる、花びら状で溶けるタイプの入浴剤を使う、ローズの香りのバスソルトやエッセンシャルオイルを使うなどでもバラの効能が楽しめます。

ゴージャスな気持ちになれるバラ風呂。バラの香りで優雅なバスタイムを過ごしてみてはいかがでしょうか。

text_kiki