平日のちょっと贅沢なライフスタイルマガジン Daily Premium Calendar

ちょっと贅沢お作法

美味しいお茶を入れるために。急須の雑学

急須の持ち手の呼び方、茶葉によって適したものが違う茶こしの素材......。実は知らない急須の選び方や雑学、いい急須の見分け方を学び、奥深い日本茶の世界をもっと楽しみましょう。

■日本のメジャーな急須は持ち手が横
注ぎ口を前方に見ると、西洋のティーポッドや中国急須は取っ手が後ろにあるのが一般的です。これが『後手』といいます。
しかし、日本の急須は横に取っ手がある『横手』と呼ばれるものが主流。これは、中国から急須が伝わった時に湯沸し用にしようしていた横手の湯瓶が同時に伝わったからとされています。
また、本体の上部分に取っ手がつくものを『上手』、基本的に玉露を入れる時に使う取っ手のない急須が『宝瓶』と呼ばれています。

■茶こしの素材あれこれ
茶こしの素材も最近はいろいろ出てきています。伝統的とされるのは急須と同じ素材の陶製の茶こし。しかし、やや目が粗いので最近流行りの茶葉が細かい深蒸し茶には向きません。
お手軽で便利なのが急須の中に入れ込むカップ網式の茶こし。ワンタッチでお茶っ葉が捨てられるので便利です。
ステンレス製の茶こしは深蒸し茶などの細かい茶葉でも、網の目が細かいのでお茶っ葉が漏れません。
また、最近注目なのが錫でできたカップ網。錫はお茶を美味しくする素材と古くから言われ重宝されてきました。その錫を使いやすいカップ網にしたものがお茶を好む人の間では密かなブームだとか。

■茶こしの金気が気になるなら
金属製の茶こしを使うと、金気が気になりお茶の味を損なう場合が。そういう時は、急須を使う前にまず熱湯を指しておきましょう。しばらく置くと金気が気にならなくなります。

■いい急須は取っ手部分を支えにして立つ
蓋を外して取っ手部分を平らな場所に置いて、急須を縦に立たせてみてください。この時、ぐらつきなく立つなら、急須全体のバランスがいいということ。全体のバランスがいい急須は使い勝手がよく長く愛用できるそうです。

■お茶の葉が広がる時間を楽しむために
美味しくお茶を入れるには、お茶の葉が広がる時間を待つ心のゆとりが必要。お気に入りの急須を選べば、その待ち時間がぐっと楽しくなるはずです。お茶のある暮らしを楽しむために、まずは急須選びから始めてみてはいかがでしょうか。

text_kiki