平日のちょっと贅沢なライフスタイルマガジン Daily Premium Calendar

ちょっと贅沢お作法

茶樹は全て同じ! 煎茶、番茶、ほうじ茶の違い

基本的にお茶は全てツバキ科の常緑樹である茶樹、カメリアシネンシスの葉から作られますが、製法の違いで味わいも呼び名も変わってきます。それぞれがどのように作られるのかを学んでみましょう。

日本茶だけではなく、紅茶やウーロン茶も同じ茶の樹から作られますが、紅茶は『発酵茶』、ウーロン茶は『半発酵茶』、そして日本茶は『不発酵茶』とされています。
日本茶は最初に茶葉を蒸したり、炒ったり、煮たりして葉の酸化を防ぎ、発酵させないように作られるお茶です。その上で、煎茶や抹茶などそれぞれに製法があります。

■煎茶
もっとも一般的なお茶。茶の新芽を蒸して揉みながら乾燥させたものです。

■深蒸し煎茶
最近人気の煎茶。普通の煎茶より蒸しを強くしたもの。茶葉が細かく砕け、粉状になります。

■抹茶
生の茶葉を蒸し、乾燥させて茎を分離し、茶臼で粉末にしたもの。茶葉の全てを飲むことができるので栄養価の高いお茶です。

■番茶
硬くなった新芽や茎などを原料とするお茶。作り方は煎茶と同様に蒸して乾燥させます。カテキンやビタミンCを多く含みます。

■ほうじ茶
番茶や煎茶を強火で炒ったお茶。煎茶よりカフェインやタンニンが少ないのでお子さまにもよいとされています。煮えたぎった熱いお湯で煮出すほうが香ばしさが楽しめます。

■玄米茶
番茶や煎茶に玄米やもち米、うるち米などを混ぜたもの。抹茶を混ぜたり、黒豆、あられなども混ぜる地域もあります。

同じ茶葉からこんなにも多様な種類のお茶が作られていると思うと、より一層お茶の世界が楽しめそうですね。

text_kiki