平日のちょっと贅沢なライフスタイルマガジン Daily Premium Calendar

ちょっと贅沢お作法

玉露、煎茶、番茶、ほうじ茶。種類別、お茶の美味しい淹れ方

玉露、煎茶、番茶、ほうじ茶......。お茶にはさまざまな種類がありますが、実はそれぞれ淹れ方が違うのを知っていますか。お茶の本来の美味しさや味をより引き出すお茶の淹れ方を身につけましょう。

■どの種類にも共通の美味しいお茶の淹れ方
・水は必ず一度完全に沸騰させる
・なるべく良い水を使う。浄水器を通したものか5分以上煮沸したもの、汲み置いた水の上澄みなど。
・直接、やかんやポットから注がず、湯のみや湯冷ましなどで湯温を調整する。
・茶葉は多めに使い、最後の一滴まで注ぎ切る。

■玉露の場合
3人分 茶葉10グラム(大さじ2杯ほど)を湯気が小さく上がる程度の60℃ほどのお湯で淹れましょう。待ち時間は2~3分程度です。品質の良いものほど低音でも旨みが出るので、湯温を上げすぎないように注意しましょう。

■煎茶の場合
3人分で茶葉6グラム(大さじ軽2杯ほど)を湯気が横に揺れながら上がる程度の70℃のお湯で淹れましょう。待ち時間は1~2分。煎茶は爽やかさが身上のお茶。さっと煮出して飲むのがいいでしょう。

■番茶の場合
3人分で茶葉9グラム(大さじ山盛り3杯ほど)を熱湯で出しましょう。待ち時間は約30秒ほど。硬くなった葉や茎が原料なので、熱湯を注いで早く浸出したほうが旨みが出ます。

■ほうじ茶の場合
3人分で茶葉9グラム(大さじ山盛り3杯ほど)を沸騰したてのお湯で。抽出時間はこちらも約30秒ほど。ほかのお茶と違ってぬるいお湯で入れると香りが引き立たず美味しくありません。
一口にお茶といっても、それぞれに適した方法があります。お茶の魅力を引き出せるような淹れ方を身につけたいですね。

text_kiki