平日のちょっと贅沢なライフスタイルマガジン Daily Premium Calendar

ちょっと贅沢お作法

ビジネスで、お茶会で。出されたお茶を飲むタイミング

ビジネス上のちょっとした訪問でもお茶を出される機会は多いもの。実は、仕事の場で出されたお茶にも飲み方にマナーがあるのです。また、茶席に招かれた時にあたふたしないよう、茶席でのお茶の飲み方も学んでおきましょう。

■ビジネスシーンの場合
基本的に相手から勧められてから頂きましょう。待っていても勧められない時は「いただきます」と声をかけてから口をつけて。なお、冷たいものなら氷が溶けないうちに、熱いものなら冷めないうちに頂くのもマナーです。なお、お茶は飲みきっても失礼にはあたりません。むしろ、遠慮して口をつけないほうが相手の気持ちを無下にしているということで失礼にあたります。また、お菓子を出されたら飲み物と同様に残さず頂きましょう。

■お茶席の場合、菓子の取り方
各流派によって異なる部分もありますが、基本的なことを身につけておきましょう。まず、最初に出される菓子の取り方です。

まず、菓子を勧めてくれた亭主に挨拶をし、連客(同席したお客)にも挨拶を。懐紙を折り、わさ(折り目側)のほうを自分に向けて、膝の前に置きましょう。そして、両手で鉢のふたを開き、裏返して右に置きます。連客が居る場合は会釈してそちらに回しましょう。左手を鉢に沿え、菓子箸で菓子をひとつ取り、懐紙に置きます。そして、菓子箸の先を右上を少し折った懐紙で拭い、鉢の手前に乗せて次客に回しましょう。そして、懐紙を左手に乗せてお菓子をいただきます。なお、正客と呼ばれるお客の中で一番上座に座っている人よりも先にお菓子を食べ始めてはいけません。

■お茶席の場合、お茶の飲み方
お運びさんがお茶を運んできたと同時に一礼するので、それに合わせて自分も礼をします。右手で茶碗を取り、茶碗を右膝前に置いて、右隣の上座のお客に「ご相伴させていただきます」と挨拶を。続いて、右手で茶碗を左膝前に置いて「お先に」と挨拶します。右手で茶碗を取り、左手の上に乗せて、右手で茶碗を時計回りに二回回します。その後、正面を外してお茶を頂きましょう。3~4口で飲みきり、最後の一口は音を立てて吸いきりましょう。
その後、右手人差し指と親指で挟むようにして飲み口を拭い清め、その指を懐紙の端で拭います。茶碗の正面がもとに戻るよう反時計回りに二度回してから、右手で茶碗を置いてください。その後、畳に両手をついてお茶碗を拝見したあと、茶碗を手に取り、肘を膝に乗せた状態で細部を拝見します。この時、茶碗を高く掲げすぎないこと。
その後、もう一度、畳に置いた茶碗を両手をついて鑑賞したあと、茶碗を左手に乗せて右手で時計回りに二度回し、畳に置きます。お運びさんが下げに来たら、「美味しくいただきました」とお礼を言いましょう。

美味しいだけではなく、深い歴史があるのがお茶。正しい飲み方を学んでおくと、フォーマルな席でも落ち着いてお茶の味が楽しめます。

text_kiki