平日のちょっと贅沢なライフスタイルマガジン Daily Premium Calendar

ちょっと贅沢お作法

究極のビニール傘の秘密

簡素な使い捨て傘の代名詞の様にも扱われることもある、ビニール傘。実は、政治家や宮内省ご用達のビニール傘があるのをご存知ですか。実は奥深い世界を持つ、ビニール傘についてお伝えします。

■選挙の候補者が使うのはビニール傘と決まっている
雨の日に演説することも多い、議員や選挙の立候補者。テレビなどで演説シーンをみると、ほとんどの人がビニール傘を使っていることに気が付くはず。これは、黒い傘では聴衆に圧迫感を与えてしまう、柄が入っているなど目立つ傘では傘に視線が行ってしまうなどの理由から。その点、ビニール傘なら透明なので表情が伝えやすく、圧迫感を与えません。都議会議員の要望で作られた特別なビニール傘もあります。

■天皇・皇后両陛下もビニール傘を使用
園遊会などが雨になったときに天皇・皇后両陛下が使われるのもビニール傘。これは、両陛下がご希望されたもの。多くの方と視線を合わせたいというお気持ちから透明なビニール傘を選んだそうです。美智子さまが使われたビニール傘は、ふちと手持ちの部分がサテン生地でできていて、サテンの傘袋もついているそう。雨に濡れてもべとつきにくく、風を逃がす工夫もされているそうです。

■選挙用の傘は「シンカテール」、園遊会用の傘は「縁結」という
この特別なビニール傘は選挙用の傘は「シンカテール」、園遊会用の傘は「縁結」と言い、一見普通のビニール傘と同じように見えるが実は全く違う特別仕様の傘です。お値段は「シンカテール」が5250円、「縁結」が8400円。製造販売する傘会社はホワイトローズ株式会社。「縁結」は通常のビニール傘とは異なる三十構造のオレフィン生地を使い、傘を広げた時に風にあおられても大丈夫なよう風が抜ける工夫が施してあります。
一方「シンカテール」は機能性はそのままに、「縁結」よりは目立たないようにデザインをされています。主役はあくまでも演説をする候補者や議員なので、とにかくシンプルに徹しているそうです。

通常のビニール傘より値段は張りますが、耐久性と安全性に優れた政治家と宮内省ご用達のビニール傘。さりげなく人と差をつけたい方にぴったりかもしれませんね。

text_kiki