平日のちょっと贅沢なライフスタイルマガジン Daily Premium Calendar

ちょっと贅沢お作法

傘のお手入れ方法

お気に入りの傘を見つけたら末永く愛用したいもの。しかし、傘は意外と繊細。きちんとお手入れをしないと、カビや雑菌が繁殖してしまいます。大切な傘をいつまでも愛用するために正しいお手入れ方法を身につけましょう

■帰宅したら必ず雨を振り落とす
使用した傘を濡れたままにしておくと、汚れがカビや雑菌の原因になります。また、湿気で内側の骨が錆びてしまうことも。それらを避けるためにも、帰宅したらまず軽く雨を振り落とし、開いた状態で水気を飛ばしましょう。タオルなどで水気を拭き取るとさらによいでしょう。

■雨が上がったら陰干しを
その後、雨が上がったら陰干しを。できるだけ短時間で乾燥させることと、直射日光を避けることがポイントです。直射日光を避けるのは色焼けや生地の繊維を傷めないため。傘を綺麗な状態にしておきたいなら必ず守りましょう。

■時には台所洗剤で洗う
汚れがひどい場合は、洗剤を使いましょう。まず、台所用の中性洗剤を薄めてスポンジに含ませて傘の表面を拭きます。次に普通の水を含ませたスポンジですすいでから、陰干しをしましょう。洗剤で色落ちする素材もあるので、目立たないところでまずは確かめてから行ってください。

■傘専門のクリーニング店も活用
汚れがだいぶひどい場合や、とても大切な傘なら専門店に持って行ってクリーニングしてもらうのもひとつの方法。最近では靴、バッグのクリーニングを専門としているお店で傘をクリーニングしてくれるところもあります。傘のクリーニングが可能か一度問合わせてみるといいでしょう。

■保存は必ず乾いてから
生乾きの状態で傘をしまい込むと、カビと臭いの原因になります。くれぐれも傘はきちんと乾かしてから収納しましょう。なお、収納場所は日光や蛍光灯の光が当たらない場所を選んで。家の中でも光にさらされると色あせ、色焼けが起きてしまう可能性があります。

■買う時は修理できる傘を選ぶ
オリジナルのパーツを使っている傘の場合は、製造メーカーでしか直せない場合も。しかし、「JUPA(ジュパ)」という日本洋傘振興協議会(Japan Umbrella Promotion Association)に加盟するメーカーである証のマークが入っている傘なら、販売店を通して修理の相談ができます。修理をして長く使うつもちなら、このマークのある傘を選びましょう。

お気に入りの傘を見つけたら、お手入れにも気を使って長持ちさせたいものですね。

text_kiki