平日のちょっと贅沢なライフスタイルマガジン Daily Premium Calendar

デイプレ手みやげ

環境にも優しい伝統工芸品樺細工 「帯筒 茶筒(平)わかば」

独特の山桜の樹皮を使用し
近代的なデザインに仕上げられた精巧な茶筒

茶葉劣化の大敵は、太陽光と湿気。
どんなに良いお茶でも保管法が悪ければ台無しです。
とはいえ、ジップロックやタッパーで保存するのも味気ない。

そこでおすすめしたいのが、茶筒。
「茶筒」とひと言でいっても素材はプラスチックから金属まで様々です。

今回ご紹介するのは、創業1851年、
秋田県にある老舗工芸店、角館伝四郎の樺細工茶筒「わかば」。

樺細工は山桜の樹皮で出来ており、
剥がしても再生する環境に優しい素材。

独特の模様が特徴で、
使い込むほどに光沢を増すとか。

外芯と内芯を一つの木型から作る「型もの」という技法で作られ、
鮮やかな黄緑の蓋と胴の間から内芯の樺がその肌を覗かせます。

内蓋まで樺細工によって仕立てられ、
その精巧さは蓋を開けたときに広がるお茶の香りで
感じることでしょう。

また、この内蓋はつまみを省いているため、
茶葉を急須に入れる際の茶箕代わりに使うことができます。

凛とした佇まいで箱の中にたたずむ茶筒。暮らしが落ち着いた友人へのプレゼントにも喜ばれそうだ。

凛とした佇まいで箱の中にたたずむ茶筒。暮らしが落ち着いた友人へのプレゼントにも喜ばれそうだ。

胴芯も内蓋も樺細工で出来ている。これが職人の手仕事かと思うと、何度も蓋を開け閉めし、気密性に惚れ惚れしてしまう。

胴芯も内蓋も樺細工で出来ている。これが職人の手仕事かと思うと、何度も蓋を開け閉めし、気密性に惚れ惚れしてしまう。

Item data

商品名:
帯筒 茶筒(平)わかば
販売元:
角館伝四郎
URL:
http://www.fujikidenshiro.co.jp/
お問い合わせ先:
オフィシャルサイトの専用フォームよりお問い合わせ下さい。

photo_nobuyuki sasaki
text_yu koyanagi
thanks_kamome café