優しくしっかり落とす

スキンケアに悩んでいる女性

敏感肌の方がミルククレンジングを使用する場合は、肌に負担がかからない使い方を実践することが大切です。
また、クレンジングの際には、併せてポイントメイクリムーバーとコットンを用意しておくと良いでしょう。まず、ミルククレンジングを使う前に、ポイントメイクリムーバーで、アイメイクを落としておきます。
リムーバーはコットンにしみこませてからアイメイクにかぶせ、ゆっくり1度拭き取るだけで大丈夫です。ミルククレンジングを使う際には、顔や手が乾いている状態で使用することが大切です。
顔に馴染ませる時には、外側に向かって小さく円を描いていき、最後に目元に馴染ませます。洗い流す際には、ぬるま湯でクレンジング成分が無くなるまで優しく流しましょう。
敏感肌の方にとっては摩擦は大敵となるため、最初から最後まで、時間をかけて極力負荷をかけずに行うことが大切です。

自己判断をしっかりと

女性

スキンケアといえば肌を整える為に不可欠ですが、敏感肌の場合は化粧水や乳液ではなく重視するのは洗顔料です。
メイクを落とす際に刺激の強いクレンジングを使ったり、日頃メイクをしていない人でも日常で肌に付いている余分な皮脂やホコリを落とす為にも洗顔は必要ですが間違った洗い方をしてしまうと更に肌に負担を掛けてしまいます。
まず洗顔料は添加物の少ない固形石鹸を選び、無香料のタイプがいいでしょう。どうしてもチューブタイプの洗顔フォームを使用したい場合も乾燥肌には不向きな石油系界面活性剤が含まれていない商品を選ぶと良いでしょう。
洗浄力が弱めのもので洗顔を一度で済ませることにより乾燥によるダメージを最小限に出来るので敏感肌の肌バリアを守れます。

合わない物は使わない

化粧品の使い方として化粧水の後に乳液で蓋をするという順番が正しいとされていますが、実際には人の肌質はそれぞれ異なり、化粧水だけで大丈夫な人もいれば実は乳液だけを使っているタイプの人もいます。
自分が敏感肌だと自覚をし、その二点を使ってみてもしも乳液だけが合わない場合は化粧水だけを使用してみると良いでしょう。
大事なのは合わないと感じた化粧品を使い続けることの方が肌バリアを壊してしまいターンオーバーを正常に戻せない場合があるので注意をしましょう。何もケアをしないというのも肌には良くありませんので、サンプルを使用して試してみたりするのも良く、万が一敏感肌の状態が酷い場合は一度皮膚科に行くのが一番です。
医師が勧めてくれる商品で、当分のケアを行うのも安全で安心です。

おすすめの記事