オールインワンゲルは年代で選ぶ

婦人

人によっても違いますが、年齢を重ねることによって肌質や肌に求めることは違います。ここでは、20代、30代、40代の3つの年代に分けてどういったオールインワンゲルがぴったりなのか?紹介していきます。

20代向け

20代女性というのは、肌の曲がり角が訪れる年代です。
今までは悩まなかったことが悩みとなり、肌の手入れを変える時期となります。
20代女性がオールインワンゲルで重視している点は、「コスパ」「使用感」「持続力」です。

まだ収入が安定していない、自分磨きのために支出が多い年代なので、できるだけ安く抑えることが出来て、使い心地が良いものを求める傾向にあります。
また、保湿や美容といった成分の持続時間が長く、刺激の少ない肌でも使用できるものがよいでしょう。

30代向け

30代というのは、肌の曲がり角を超えた年代となります。少しでも老化スピードを遅くすることが出来るアンチエイジング効果が含まれているものがよいでしょう。
肌の弾力をアップする、肌が乾燥しない、化粧がよれないといった効果があるオールインワンゲルがぴったりです。
少々価格が高くても収入に余裕がある年代なので、価格よりも品質重視で選びましょう。

40代向け

40代が10代のような肌になることは不可能に近いですが、マイナス5歳に見えるように、老化を遅らせるといったことは出来ます。
そのためには、くすみやシミをなくすための美白成分、シワやハリ感をアップさせるための保湿成分が必要不可欠です。
ケアを入念に行なうことで、年齢を感じさせない若々しい肌を手に入れることが出来ます。

年齢によって、肌質は徐々に変わってきますので、年齢に合わせたオールインワンゲル選びが大切です。
加齢に伴い、保水力や美容成分の分泌量も低下しますので、外から補わなければならないのです。

オールインワンゲルには色々な商品がありますので、自分の肌に合わせて使用する製品を選ぶようにしましょう。

オールインワンゲルにはこんな使い方もできる

woman

オールインワンゲルは、ただ顔に塗って使用するだけ…。そんな使い方だけではもったいないです。せっかく万能コスメのオールインワンゲルをゲットしたのであれば、色々な使い方をして美しくなりましょう。

スチームパック

オールインワンゲルは、毎日のスキンケアだけに使用できるというわけではありません。入浴時のスチームパックとしても使用することが出来ます。

入浴中というのは、体が温まっていますし上記によって肌が潤っている状態です。毛穴が開いているので、入浴中は美容成分が浸透しやすいのです。
入浴中に洗顔を行ない、その後たっぷりのオールインワンゲルを塗ります。そして、そのまま湯船へ浸かって数分置いておきます。入浴後に軽く拭き取り、新たにオールインワンゲルを塗ります。
こうすることで、翌朝まで肌がもちもちで乾燥知らずの肌になります。

マッサージ

肌荒れ、くすみ、クマ、むくみなどというのは、顔の血行が悪くなっている証拠です。
顔も、体と同じようにマッサージをすることで血行が良くなります。
マッサージを行なう時には、滑りを良くするためにクリームやジェルを使用するのが一般的です。オールインワンゲルは、そのマッサージジェルとしても代用することが出来るのです。

マッサージを行う箇所にオールインワンゲルを付け、肌に負担がかからない程度にマッサージを行なっていきます。
こうすることで、むくみや老廃物が排出されますので、顔色がワントーン明るくなる、小顔になるといった効果があります。

おすすめの記事