平日のちょっと贅沢なライフスタイルマガジン Daily Premium Calendar

テーマ「夜」

歌人の鈴掛真です。『贅沢短歌』では、皆さんの毎日のちょっとしたエッセンスとなるように詠ったオリジナル作品を、創作のコツと共に毎週ご紹介していきます。

8月のテーマは「夜」。心と体を休める一日の終わり。穏やかになったり、寂しくなったり、様々な思いが巡るひとときです。きらめく夜空のようにロマンチックで、そしてちょっぴりエロティックな歌を集めました。
今回はWEBラジオを配信します。合わせてお楽しみください。それでは鈴掛真が、奥深い短歌の世界へ誘います。

  • いつの日かつくりものではない空に琴座のベガを探しに行こう
  • 今月も「満月だよ」と気づかせてあげられるのは僕でありたい
  • 次に会う日までの夜に満ちてゆく月の観察日誌をつける
  • ポケットに入れた手と手の触れ合わぬ15センチの距離が遠いね
  • 夜の中姿の見えぬ甘い香りキンモクセイだと教えてくれた

贅沢短歌Webラジオ

短歌は文字通りとっても短くルールが少ないので、手軽に短時間で作ることができますが、やはり文学ですから、詠う際にはただ単語を羅列するのではなく、皆さんの独自の表現を目指してみては?3首目の「つくりものではない空」というフレーズに、「プラネタリウムではない本物の空」という意味を持たせました。昔の人から与えられた固有名詞に代わる言葉をつくってみるのも楽しいですね。
きーちゃんはキンモクセイの花の匂いにスポットを当てています。五感の中で人の記憶に最も根強く残るのが嗅覚なんですよね。まるで「甘い香り」が読者の鼻孔を刺激するようです。練さんの詠った「15センチの距離」は、まだ恋人ではない初々しい二人のもどかしさを伝えています。夜を表すフレーズが無くとも、夜の風景に並ぶ二人の若者が目に浮かぶようですね。

プロフィール

鈴掛真(すずかけ しん)

鈴掛真(すずかけ しん)

歌人。
Twitterとブログ「さえずり短歌」で作品を随時発表。短歌インスタレーション、朗読LIVEなど、これまでに無い新たな短歌の表現を追求している。セオリーは「短歌のスタンダード化」「ポップスとしての短歌」。著書に『好きと言えたらよかったのに。』(大和出版)がある。また、日本における同性愛への偏見の解消にも取り組んでいる。

http://ameblo.jp/suzukakeshin/