平日のちょっと贅沢なライフスタイルマガジン Daily Premium Calendar

テーマ「海」

歌人の鈴掛真です。『贅沢短歌』では、皆さんの毎日のちょっとしたエッセンスとなるように詠ったオリジナル作品を、創作のコツと共に毎週ご紹介していきます。

9月のテーマは「海」。暑さ厳しい夏が静かに終わりを告げる頃。太古の昔から地球の歴史を見つめてきた母なる海には、まるで人々の幾千もの記憶が溶け込んでいるよう。切ない夏の終わり、そして生命の起源を詠った歌を集めました。
第3週目には皆さんからの公募短歌をご紹介、第4週目には好評のWEBラジオも配信!それでは鈴掛真が、奥深い短歌の世界へ誘います。

  • 波音が哀しいのは泡になった人魚の恋が溶けているから
  • 貝殻を拾い集めて僕たちでつくる海洋図鑑に載せよう
  • 12時の鐘が鳴ったら君の手をとり海へ行く脱走計画

今回は、与えられたお題からどのように短歌を詠うかをご紹介しましょう。もちろん「海」という言葉をそのまま使っても良いのですが、それだけではなんだか物足りないですね。まずは、海に立っている自分をイメージしましょう。そこから何が見えますか?何が聞こえますか?何が香りますか?ほら、「波」「潮風」「カモメ」「サンダル」・・・イメージがどんどん広がりますね。ひとつのお題から様々なボキャブラリーを連想すれば、バラエティ豊かな歌をたくさん詠うことができるのです。

プロフィール

鈴掛真(すずかけ しん)

鈴掛真(すずかけ しん)

歌人。
Twitterとブログ「さえずり短歌」で作品を随時発表。短歌インスタレーション、朗読LIVEなど、これまでに無い新たな短歌の表現を追求している。セオリーは「短歌のスタンダード化」「ポップスとしての短歌」。著書に『好きと言えたらよかったのに。』(大和出版)がある。また、日本における同性愛への偏見の解消にも取り組んでいる。

http://ameblo.jp/suzukakeshin/