平日のちょっと贅沢なライフスタイルマガジン Daily Premium Calendar

テーマ「海」

歌人の鈴掛真です。『贅沢短歌』では、皆さんの毎日のちょっとしたエッセンスとなるように詠ったオリジナル作品を、創作のコツと共に毎週ご紹介していきます。

9月のテーマは「海」。暑さ厳しい夏が静かに終わりを告げる頃。太古の昔から地球の歴史を見つめてきた母なる海には、まるで人々の幾千もの記憶が溶け込んでいるよう。切ない夏の終わり、そして生命の起源を詠った歌を集めました。
第3週目には皆さんからの公募短歌をご紹介、第4週目には好評のWEBラジオも配信!それでは鈴掛真が、奥深い短歌の世界へ誘います。

  • 地上には誰もいないと仮定した生命誕生の日の再現
  • 国境がまだ無い頃の海の色をシーラカンスに尋ねてみたい
  • 永遠に変わらぬものがある場所を探し求める航海に出る

夏の海水浴も楽しいけれど、僕は冬の物悲しい海原を眺めるのが好きです。ご存知の通り、生命は太古の海で誕生しました。普段は自分と恋の相手との間に生まれる小さく身近な世界を詠う事が多いのですが、母なる海を目の前にする事で、原始の記憶を辿る壮大な歌が生まれました。ときには普段の生活から特別なシーンへと飛び出す事が、歌のバリエーションを広げる上で大切なのかもしれませんね。

プロフィール

鈴掛真(すずかけ しん)

鈴掛真(すずかけ しん)

歌人。
Twitterとブログ「さえずり短歌」で作品を随時発表。短歌インスタレーション、朗読LIVEなど、これまでに無い新たな短歌の表現を追求している。セオリーは「短歌のスタンダード化」「ポップスとしての短歌」。著書に『好きと言えたらよかったのに。』(大和出版)がある。また、日本における同性愛への偏見の解消にも取り組んでいる。

http://ameblo.jp/suzukakeshin/