平日のちょっと贅沢なライフスタイルマガジン Daily Premium Calendar

テーマ「海」

歌人の鈴掛真です。『贅沢短歌』では、皆さんの毎日のちょっとしたエッセンスとなるように詠ったオリジナル作品を、創作のコツと共に毎週ご紹介していきます。

9月のテーマは「海」。暑さ厳しい夏が静かに終わりを告げる頃。太古の昔から地球の歴史を見つめてきた母なる海には、まるで人々の幾千もの記憶が溶け込んでいるよう。切ない夏の終わり、そして生命の起源を詠った歌を集めました。
今回はWEBラジオを配信します。合わせてお楽しみください。それでは鈴掛真が、奥深い短歌の世界へ誘います。

  • 手が届くことのない貴方はまるで夜の海に映る月だった
  • この恋を海に還してされどなお座礁したなら告白します
  • サンダルの靴擦れ痕が治りきるまでに打ち明けたいことがある
  • 波の音無いと眠れぬあの人は時を残して此処を出て行く
  • 「海が良い」「山が良い」など言い合って旅行雑誌を見てるのが良い
  • ただひとりもがきつつ見ゆ深層に輝き放つあなたの存在

贅沢短歌Webラジオ

 千野苺子さんは、あえて「深層」という言葉だけで海のテーマを伝えています。実際に体験した深い海の中でのエピソードなのかも知れませんが、ただそれだけでは無く、二人の奥深い関係性を詠っているような、思わずドキッとしてしまう一首です。
 先月にも採用させて頂いた甘いもさんは、今回も熟れた創作テクニックを披露!まだ海へも山にさえも行っていないのに、それで「良い」と言い切る潔さと、「良い」を3つ並べたリズムが心地良いですね。
 社員より働く派遣さんは、とっても不思議な雰囲気の漂う歌を送ってくれました。どうして波の音が無いと眠れないんだろう。此処を出て何処へ行くんだろう。様々な謎を読者に与えますが、その取っ掛かりこそこの歌の魅力だと思います。「時を残して」というフレーズも印象的ですね。

プロフィール

鈴掛真(すずかけ しん)

鈴掛真(すずかけ しん)

歌人。
Twitterとブログ「さえずり短歌」で作品を随時発表。短歌インスタレーション、朗読LIVEなど、これまでに無い新たな短歌の表現を追求している。セオリーは「短歌のスタンダード化」「ポップスとしての短歌」。著書に『好きと言えたらよかったのに。』(大和出版)がある。また、日本における同性愛への偏見の解消にも取り組んでいる。

http://ameblo.jp/suzukakeshin/