平日のちょっと贅沢なライフスタイルマガジン Daily Premium Calendar

テーマ「音」

歌人の鈴掛真です。『贅沢短歌』では、皆さんの毎日のちょっとしたエッセンスとなるように詠ったオリジナル作品を、創作のコツと共に毎週ご紹介していきます。

10月のテーマは「音」。本来、目で追うだけの文字としての短歌から、聞こえないはずの音が聞こえてくるとしたなら。作者が一首に込めた思い出のワンシーンでは、一体どんな音が鳴っていたのか。目と耳を通して、読み手の五感に迫るような歌を集めました。
第4週目には皆さんからの公募短歌をご紹介、第5週目には好評のWEBラジオも配信!それでは鈴掛真が、奥深い短歌の世界へ誘います。

  • (もういいかい?)(今夜はだめ)と声の無い隠れん坊のような駆け引き
  • イヤホンのLとRを間違えたままで聴いてた歌に似た恋
  • 君の名を上手くきれいな発音でずっと言えずにいたような日々

一首目は、まだ僕が短歌を始めて間も無い頃、初めて応募した短歌賞としてのNHK全国短歌大会で、川野里子先生から秀作を頂いた思い入れの強い歌です。「発音」という言葉から、多くの場合は外国語の勉強を連想すると思います。誰かの名前を上手く言えないということに対して「発音できない」という表現はまず使わないでしょう。ところがあえてこの表現を用いることで、口ごもりながら小さな声でしか言えない好きな人の名前が、まるで皆さんの耳にも聞こえてくるように工夫しました。皆さんもいろんな人の名前を当てはめて想像してみてくださいね。

プロフィール

鈴掛真(すずかけ しん)

鈴掛真(すずかけ しん)

歌人。
Twitterとブログ「さえずり短歌」で作品を随時発表。短歌インスタレーション、朗読LIVEなど、これまでに無い新たな短歌の表現を追求している。セオリーは「短歌のスタンダード化」「ポップスとしての短歌」。著書に『好きと言えたらよかったのに。』(大和出版)がある。また、日本における同性愛への偏見の解消にも取り組んでいる。

http://ameblo.jp/suzukakeshin/