平日のちょっと贅沢なライフスタイルマガジン Daily Premium Calendar

テーマ「音」

歌人の鈴掛真です。『贅沢短歌』では、皆さんの毎日のちょっとしたエッセンスとなるように詠ったオリジナル作品を、創作のコツと共に毎週ご紹介していきます。

10月のテーマは「音」。本来、目で追うだけの文字としての短歌から、聞こえないはずの音が聞こえてくるとしたなら。作者が一首に込めた思い出のワンシーンでは、一体どんな音が鳴っていたのか。目と耳を通して、読み手の五感に迫るような歌を集めました。
第4週目には皆さんからの公募短歌をご紹介、第5週目には好評のWEBラジオも配信!それでは鈴掛真が、奥深い短歌の世界へ誘います。

  • ささやかにつぶやくような「さよなら。」がとても悲しい歌に聞こえた
  • 母さんに「くそばばあ」って言うみたく僕を憎めばいいんじゃないの?
  • まだ瞼閉じた夜明けにまだ誰も呼んだことない名前で呼んで

「音」という切り口から、様々なものをイメージすることができます。それは物音であったり、声であったり、音楽や歌であるかもしれません。僕が日々を過ごす中で最も印象強く記憶する「音」は、会話の声と言葉です。2首目では、反抗期の少年が母親に向けるような甘えやわがままを僕に見せてごらん、という感情を、少し刺激的な「くそばばあ」という言葉に象徴させました。皆さんの脳裏にも、少年の粋がった声が響いたでしょうか。

プロフィール

鈴掛真(すずかけ しん)

鈴掛真(すずかけ しん)

歌人。
Twitterとブログ「さえずり短歌」で作品を随時発表。短歌インスタレーション、朗読LIVEなど、これまでに無い新たな短歌の表現を追求している。セオリーは「短歌のスタンダード化」「ポップスとしての短歌」。著書に『好きと言えたらよかったのに。』(大和出版)がある。また、日本における同性愛への偏見の解消にも取り組んでいる。

http://ameblo.jp/suzukakeshin/