平日のちょっと贅沢なライフスタイルマガジン Daily Premium Calendar

テーマ「音」

歌人の鈴掛真です。『贅沢短歌』では、皆さんの毎日のちょっとしたエッセンスとなるように詠ったオリジナル作品を、創作のコツと共に毎週ご紹介していきます。

10月のテーマは「音」。本来、目で追うだけの文字としての短歌から、聞こえないはずの音が聞こえてくるとしたなら。作者が一首に込めた思い出のワンシーンでは、一体どんな音が鳴っていたのか。目と耳を通して、読み手の五感に迫るような歌を集めました。
第4週目である今回は皆さんからの公募短歌をご紹介、第5週目には好評のWEBラジオも配信!それでは鈴掛真が、奥深い短歌の世界へ誘います。

  • パレードに続け 奏でる幸福な歌を決して終わらせぬよう
  • 声にすれば本当になりますように。「ぼくはあなたがだいきらいです」
  • 「バイバイ」のあと付け足したけど君に聞こえなかった横断歩道
  • この街と生まれ育ったあの街は青信号の音色がいっしょ
  • ん、という音をあなたが紡ぐとき私の名前は完全になる

練さんは、自身の名前を歌のモチーフにしています。奇遇にも僕の名前も「ん」で終わるので、まるで自分のことのように共感してしまいました。「紡ぐ」という表現がとても美しいですね。「、」を用いて、音数を空白で表現したところもよく工夫されていると思います。
甘いもさんの歌は、赤信号から青信号に変わる街の風景が目に浮かんできます。具体的にどんな音色なのかは詠われていませんが、そのおかげで読者の誰もが、自分の住む街の信号機に置き換えて読むことができます。視覚と聴覚、三次元で楽しむ事ができる一首ですね。

プロフィール

鈴掛真(すずかけ しん)

鈴掛真(すずかけ しん)

歌人。
Twitterとブログ「さえずり短歌」で作品を随時発表。短歌インスタレーション、朗読LIVEなど、これまでに無い新たな短歌の表現を追求している。セオリーは「短歌のスタンダード化」「ポップスとしての短歌」。著書に『好きと言えたらよかったのに。』(大和出版)がある。また、日本における同性愛への偏見の解消にも取り組んでいる。

http://ameblo.jp/suzukakeshin/