平日のちょっと贅沢なライフスタイルマガジン Daily Premium Calendar

テーマ「雪」

歌人の鈴掛真です。『贅沢短歌』では、皆さんの毎日のちょっとしたエッセンスとなるように詠ったオリジナル作品を、創作のコツと共に毎週ご紹介していきます。

2月のテーマは「雪」。白く美しい、冷たい冬の空からの贈りもの。触れたら一瞬で融けてしまう儚さと、時として人を殺めるほどの危うさを持ち合わせた神秘的な存在。太古の昔から人々を魅了してきた冬の風物詩を、12首の短歌に盛り込みました。
第3週目には皆さんからの公募短歌をご紹介、第4週目には好評のWEBラジオも配信!それでは鈴掛真が、奥深い短歌の世界へ誘います。

  • 冬の間だけでも君を好きなのは僕ひとりしかいませんように
  • 片方は手袋をして一方は素手をつないで歩く双子座
  • たやすくは雪が降らない冬だった。僕たちはまだ友達だった。

バレンタインデー直前!チョコレートの準備に余念が無い女性たちも多いのでは?近年では、大量に用意したお菓子をお友達や勤務先の同僚に配る風習が定着していますが、やはり若き日のように、秘めた思いを意中の人に告白する機会として活用して頂きたいものです!
今週の短歌はそんな、まだ恋が芽生えたばかりの初々しい2人をモチーフにしました。北海道や東北地方では当たり前でも、日本全国で雪が毎年必ず降るとは限りません。山下達郎さんの名曲で綴られている「雨は夜更け過ぎに 雪へと変わるだろう」というフレーズはあまりにも有名ですが、実際はそんな簡単に雨は雪へと変わりません。そんなもどかしさと、友達からなかなか発展しない関係の対比を歌に込めました。

プロフィール

鈴掛真(すずかけ しん)

鈴掛真(すずかけ しん)

歌人。
Twitterとブログ「さえずり短歌」で作品を随時発表。短歌インスタレーション、朗読LIVEなど、これまでに無い新たな短歌の表現を追求している。 セオリーは「短歌のスタンダード化」「ポップスとしての短歌」。著書に『好きと言えたらよかったのに。』(大和出版刊)がある。

http://suzukakeshin.com/