平日のちょっと贅沢なライフスタイルマガジン Daily Premium Calendar

テーマ「雪」

歌人の鈴掛真です。『贅沢短歌』では、皆さんの毎日のちょっとしたエッセンスとなるように詠ったオリジナル作品を、創作のコツと共に毎週ご紹介していきます。

2月のテーマは「雪」。白く美しい、冷たい冬の空からの贈りもの。触れたら一瞬で融けてしまう儚さと、時として人を殺めるほどの危うさを持ち合わせた神秘的な存在。太古の昔から人々を魅了してきた冬の風物詩を、12首の短歌に盛り込みました。
今週は好評のWEBラジオも配信!それでは鈴掛真が、奥深い短歌の世界へ誘います。

  • 如月の最後の夜にもし雪が降ったら思い出してください
  • 永遠じゃない僕たちの結末は来世紀まで凍結しよう
  • 庭先の陰に手紙を置いておくから雪どけの頃に読んでね
  • なごり雪 イルカの歌を口ずさみやっぱり君を忘れらんねえ
  • 君の住む街に大雪警報が出ていて一層寂しくさせる

贅沢短歌Webラジオ

 今回の公募短歌は、10年に一度の大雪と言われるこの冬にぴったりな歌が届きました。
 ひいらぎさんの作品は、「一層」という言葉がキーワードになっています。もともと抱いていた寂しさが、大雪警報によって更に強くなったことが詠われています。個人的には、東北地方に住んでいる友人を思った歌なのかなと想像しました。もっと別のエピソードを元にされているのかもしれませんが、雪に凍えてしまわないようにと相手の安否を気遣う、ひいらぎさんの優しさが伝わってきます。
 横須賀タミーさんの歌は、末尾の「忘れらんねえ」が強烈なインパクトを放っています!例えば同じ7音の「忘れられない」でも良かったはずなのですが、あえて乱暴な言葉遣いを用いたことで、「やっぱり」が示すとおり何度も忘れようとしたけれどそれでも、というひたむきな想いが込められていることがわかります。日本人なら誰でも知っている名曲のタイトルを大胆に盛り込んだ点も良いですね。実は鈴掛も伊勢正三氏の楽曲が大好きです!

プロフィール

鈴掛真(すずかけ しん)

鈴掛真(すずかけ しん)

歌人。
Twitterとブログ「さえずり短歌」で作品を随時発表。短歌インスタレーション、朗読LIVEなど、これまでに無い新たな短歌の表現を追求している。 セオリーは「短歌のスタンダード化」「ポップスとしての短歌」。著書に『好きと言えたらよかったのに。』(大和出版刊)がある。

http://suzukakeshin.com/