平日のちょっと贅沢なライフスタイルマガジン Daily Premium Calendar

テーマ「夢」

歌人の鈴掛真です。『贅沢短歌』では、皆さんの毎日のちょっとしたエッセンスとなるように詠ったオリジナル作品を、創作のコツと共に毎週ご紹介していきます。

4月のテーマは「夢」。暖かな春が新たな出逢いをもたらす季節。まだ着慣れない学生服を身にまとった若者たちを見掛けると、自らの青春が思い起こされます。夢と希望に満ち溢れ、何だって叶えられる気がしたあの頃を詠った、ノスタルジックな15首を集めました。
第4週目には皆さんからの公募短歌をご紹介、第5週目には好評のWEBラジオも配信!それでは鈴掛真が、奥深い短歌の世界へ誘います。

  • 遠い国から来た季節の便りのように好きな人ができました
  • 窓際の席から見てた横顔の落書きだけで仕立てる画集
  • 突然に寒さの戻る春の日のような出逢いに震えていたんだ

 1首目は、まさに僕が学生の頃に応募したNHK全国短歌大会で、秀作の評価を頂いた思い入れの深い歌です。末尾が8音で字余りになっていますが、例えば7音の「震えていたよ」ではこの歌に込めたい情景が伝わらないと思いました。定型のリズムをあえて崩すことで、出逢いの鮮烈さ、それに対する戸惑いや動揺を隠せないというような、一目惚れの昂る感情を表現しました。
 3首目では、恋の訪れを俯瞰で捉えています。それはある日突然、手紙のようにやって来るものです。

プロフィール

鈴掛真(すずかけ しん)

鈴掛真(すずかけ しん)

歌人。
Twitterとブログ「さえずり短歌」で作品を随時発表。短歌インスタレーション、朗読LIVEなど、これまでに無い新たな短歌の表現を追求している。 セオリーは「短歌のスタンダード化」「ポップスとしての短歌」。著書に『好きと言えたらよかったのに。』(大和出版刊)がある。

http://suzukakeshin.com/