平日のちょっと贅沢なライフスタイルマガジン Daily Premium Calendar

テーマ「夢」

歌人の鈴掛真です。『贅沢短歌』では、皆さんの毎日のちょっとしたエッセンスとなるように詠ったオリジナル作品を、創作のコツと共に毎週ご紹介していきます。

4月のテーマは「夢」。暖かな春が新たな出逢いをもたらす季節。まだ着慣れない学生服を身にまとった若者たちを見掛けると、自らの青春が思い起こされます。夢と希望に満ち溢れ、何だって叶えられる気がしたあの頃を詠った、ノスタルジックな15首を集めました。
第4週目には皆さんからの公募短歌をご紹介、第5週目には好評のWEBラジオも配信!それでは鈴掛真が、奥深い短歌の世界へ誘います。

  • 退屈な授業を抜けて校庭のブルーベリーを摘みに行こうよ
  • 実習であの子が焼いたクッキーにミシュランガイドの三つ星あげる
  • 漱石の「こころ」を君と順番に朗読していくだけのサークル

 10代の頃を思い返してみると、恐いものなんて何一つ無く、あらゆる想像をすべて現実に叶えられるようなパワーがみなぎっていたように思います。
 3首目のエピソードは、実際にブルーベリーが校庭に植わっていた、わけではありません。本当に授業を抜け出そうと思ったわけでも無いのです。若い2人がブルーベリーの実る庭園を楽しそうに走り回る、まるでおとぎ話のようなワンシーンを授業中に想像していた、ということを詠っています。加えて、学生時代の僕はとても大人しい性格だったので、平然と授業を抜け出すやんちゃな生徒たちへの羨望も込められています。

プロフィール

鈴掛真(すずかけ しん)

鈴掛真(すずかけ しん)

歌人。
Twitterとブログ「さえずり短歌」で作品を随時発表。短歌インスタレーション、朗読LIVEなど、これまでに無い新たな短歌の表現を追求している。 セオリーは「短歌のスタンダード化」「ポップスとしての短歌」。著書に『好きと言えたらよかったのに。』(大和出版刊)がある。

http://suzukakeshin.com/