平日のちょっと贅沢なライフスタイルマガジン Daily Premium Calendar

テーマ「雨」

歌人の鈴掛真です。『贅沢短歌』では、皆さんの毎日のちょっとしたエッセンスとなるように詠ったオリジナル作品を、創作のコツと共に毎週ご紹介していきます。

6月のテーマは「雨」。天から降りそそぐその滴は、ときに優しく大地を潤し、ときに激しく街を濡らします。喜びや悲しみ、まるで人々のあらゆる心模様とリンクするように、雨の景色は水彩絵の具のように思い出を彩り、我々の記憶に刻まれます。そんな雨の季節にぴったりな12首を集めました。
第3週目には皆さんからの公募短歌をご紹介、第4週目には好評のWEBラジオも配信!それでは鈴掛真が、奥深い短歌の世界へ誘います。

  • さっきからずっと気にしているものは次に会う日の予想天気図
  • じっとしていて欲しいから世田谷区全域に暴風警報を出す
  • 降りだしたいちばん初めの雨粒になってあなたを振り向かせたい

 雨の日は、どうしても気分が落ち込みやすくなりますね。けれどそんな憂鬱にあえて身を任せて短歌を詠ってみると、晴れの日には生まれない意外な表現方法が見つかって、自分の新たな一面を発見することができるかもしれません。
 今週の2首目では、好きな人の動向が気になってしまって、暴風警報で家に閉じ込めておきたい、ちょっぴりメランコリックな想いを詠ってみました。5・7・5・9・7で字余りとなっていますが、「ぜんいきにぼうふう」の「ん」と「う」は声に出すとスムーズに流れる音なので、自然なリズムで読むことができます。「東京都」としなかったのは、区の方が意中の人の住んでいる位置をピンポイントに示すことができることと、近年問題になっているゲリラ豪雨を歌に含ませたかったからです。

プロフィール

鈴掛真(すずかけ しん)

鈴掛真(すずかけ しん)

歌人。
Twitterとブログ「さえずり短歌」で作品を随時発表。短歌インスタレーション、朗読LIVEなど、これまでに無い新たな短歌の表現を追求している。 セオリーは「短歌のスタンダード化」「ポップスとしての短歌」。著書に『好きと言えたらよかったのに。』(大和出版刊)がある。

http://suzukakeshin.com/