平日のちょっと贅沢なライフスタイルマガジン Daily Premium Calendar

テーマ「星空」

歌人の鈴掛真です。『贅沢短歌』では、皆さんの毎日のちょっとしたエッセンスとなるように詠ったオリジナル作品を、創作のコツと共に毎週ご紹介していきます。

7月のテーマは「星空」。途方も無い年月を経て作られた美しい天然のプラネタリウム。人々は太古の昔から星を見上げ、物語を創造し、様々な想いを託しました。どんな季節にも我々の心を捉えて離さない、神秘的な星の輝きを散りばめた12首をお届けしていきます。
第4週目には皆さんからの公募短歌をご紹介、第5週目には好評のWEBラジオも配信!それでは鈴掛真が、奥深い短歌の世界へ誘います。

  • あ。・・・今、笑ってくれた。流れ星みたいに君の笑顔を探す
  • 動かない北極星の下に立ち君と探してみたい永遠
  • 無限にも思える二人のいる部屋は自転をやめた惑星に建つ

見上げれば夜空の星々は、動かずその場に留まっているように見えますが、地球の自転と公転によって少しずつ位置や向きを変えていきます。しかし恋人と二人で過ごしているあいだは、まるで地球上の時間が止まっているような錯覚を覚えませんか?一首目ではそんな感覚を詠っています。
そして無数の星の中で、唯一その位置を変えないのが、北極星。地球の自転軸の延長線上にあるため、星たちは北極星を中心に回転しているように見えます。数千年の単位では別の星が北極星に成り代わってしまうようですが、二首目ではそんな神秘を永遠の象徴として表現しました。
そして3首目では、冒頭の5音に記号を用いています。流れ星を見つけたときに誰もがハッとするあの瞬間を、歌の中に空白をつくることで再現してみました。

プロフィール

鈴掛真(すずかけ しん)

鈴掛真(すずかけ しん)

歌人。
Twitterとブログ「さえずり短歌」で作品を随時発表。短歌インスタレーション、朗読LIVEなど、これまでに無い新たな短歌の表現を追求している。 セオリーは「短歌のスタンダード化」「ポップスとしての短歌」。著書に『好きと言えたらよかったのに。』(大和出版刊)がある。

http://suzukakeshin.com/